• ホーム
  • 抗精神病薬から認知を保護する

抗精神病薬から認知を保護する

Protecting cognition from antipsychotics

Editor's Choice

Sci. Signal. 26 Sep 2017:
Vol. 10, Issue 498, eaap9121
DOI: 10.1126/scisignal.aap9121

Leslie K. Ferrarelli

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

D. Ibi, M. de la Fuente Revenga, N. Kezunovic, C. Muguruza, J. M. Saunders, S. A. Gaitonde, J. L. Moreno, M. K.Ijaz, V. Santosh, A. Kozlenkov, T. Holloway, J. Seto, A. García-Bea, M. Kurita, G. E. Mosley, Y. Jiang, D. J.Christoffel, L. F. Callado, S. J. Russo, S. Dracheva, J. F. López-Giménez, Y. Ge, C. R. Escalante, J. J. Meana, S.Akbarian, G. W. Huntley, J. González-Maeso, Antipsychotic-induced Hdac2 transcription via NF-κB leads to synaptic and cognitive side effects. Nat. Neurosci. 20, 1247-1259 (2017).  Google Scholar

抗精神病薬による認知障害を仲介する機構を阻害することによって、統合失調症患者の臨床転帰が改善する可能性がある。

要約
抗精神病薬は、統合失調症に伴う症状(幻覚や妄想など)の軽減に役立つが、患者の認知能力も低下させるため、患者は日常の活動が困難になる場合がある。マウスと患者の死後脳組織の両方において、Ibiらは、慢性的な抗精神病薬曝露により、前頭皮質のニューロンの核内で、転写因子である核内因子κB(NF-κB)の量が増加することを見出した。抗精神病薬クロザピンは、セロトニン5-HT2A 受容体の密度を低下させ、その結果として、NF-κB抑制因子であるκBα阻害因子(IκBα)をコードする遺伝子の転写を低下させた。続いて核内のNF-κBが、標的であるヒストン脱アセチル化酵素HDAC2をコードする遺伝子の発現を増加させ、HDAC2はシナプス機能と認知にきわめて重要な特徴である、細胞形態形成、ニューロン投射、シナプス構造に関与するタンパク質をコードする遺伝子のアセチル化と発現を低下させた。野生型マウスでは、長時間の抗精神病薬処理またはウイルスベクターを介する活性化NF-κB発現により、シナプスの構造と機能が変化し、記憶課題の成績が低下したが、Hdac2-/- マウスまたは恒常的活性化型のIκBαを発現するマウスでは、そのような変化は認められなかった。これらの結果により、統合失調症患者のQOLを改善するための、治療開発の標的が同定される。

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年9月26日号

Editor's Choice

抗精神病薬から認知を保護する

Research Article

末梢血NK細胞のTim-3シグナル伝達が母体胎児間の免疫寛容を促進し流産を抑制する

アダプターGadsの二量体化はアダプターLATへのGadsの協同的結合を昂進させることにより抗原受容体シグナル伝達を促進する

Research Resources

アイソフォームおよび突然変異特異的RAS抗体の選択性および感受性の評価

最新のEditor's Choice記事

2017年10月31日号

蠕虫に対する内因性防御

2017年10月24日号

膵がんの超抑制因子

2017年10月17日号

エキソソームによるインスリン感受性の調整

2017年10月10日号

新たなつながり:妊娠特異的なシグナル伝達

2017年10月3日号

病原体に誘導されるミトコンドリアの断片化