• ホーム
  • 神経科学 PKRによって学習が困難になる

神経科学
PKRによって学習が困難になる

Neuroscienc
Learning Is Harder with PKR

Editor's Choice

Sci. Signal., 20 December 2011
Vol. 4, Issue 204, p. ec349
[DOI: 10.1126/scisignal.4204ec349]

Wei Wong

Science Signaling, AAAS, Washington, DC 20005, USA

P. J. Zhu, W. Huang, D. Kalikulov, J. W. Yoo, A. N. Placzek, L. Stoica, H. Zhou, J. C. Bell, M. J. Friedlander, K. Krnjevic(thesaurus), J. L. Noebels, M. Costa-Mattioli, Suppression of PKR promotes network excitability and enhanced cognition by interferon-γ-mediated disinhibition. Cell 147, 1384–1396 (2011). [Online Journal]

二本鎖RNA活性化プロテインキナーゼ(PKR)は、もともとはウイルスに対する免疫監視機構の一員として同定された。Zhuらは、PKRを欠損する(Pkr–/–)マウスの神経回路網では、野生型マウスの神経回路網と比べて活動が亢進していることを見出した。Pkr–/–マウスまたはPKR阻害薬(PKRi)を投与した野生型マウスの海馬スライスの電気生理学的解析によって、活動の亢進は、固有の興奮性の亢進にも興奮性神経伝達の亢進にも起因しない可能性が示唆された。そのかわりに、海馬スライスにおいては、抑制性神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸(GABA)の放出低下など、抑制性神経伝達の抑制が認められた。GABA作動性シナプス伝達が低下すると、学習と記憶に関連するシナプス可塑性の一種である長期増強(LTP)の誘導が促進される可能性がある。Pkr–/–マウスまたはPKRi投与野生型マウスの脳スライスにおいては、LTPの誘導が亢進していた。野生型マウスと比べて、Pkr–/–マウスでは、空間学習の増強、文脈的恐怖消去の加速、長期恐怖記憶の増強が認められた。さらに、後者の学習タイプは、野生型マウスにPKRiを投与することによって促進された。PKRがGABA作動性シナプス伝達を抑制する機構は、GABAの放出を低下させるサイトカインであるインターフェロン-γ(IFN-γ)をコードするmRNAの翻訳を抑制することである。Pkr–/–マウスの海馬スライスの興奮性増大は、IFN-γに対する抗体によって減弱した。さらに、PKRi投与は、Ifn-γ–/–マウスのスライスにおいてLTPの誘導を促進せず、Ifn-γ–/–マウスの長期恐怖記憶を増強しなかった。このように、PKRは、GABA作動性シグナル伝達のIFN-γを介する抑制を緩和することによって、抑制性神経伝達を促進する。

W. Wong, Learning Is Harder with PKR. Sci. Signal. 4, ec349 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年12月20日号

Editor's Choice

神経科学
PKRによって学習が困難になる

Research Article

ホスファターゼMKP5のMAPK結合ドメインと会合しているp38αキナーゼの結晶構造が明らかにした特徴的な相互作用様式

ショウジョウバエにおける繊維芽細胞増殖因子シグナル伝達にはタンパク質のO-GlcNAc化が必要である

ヒト制御性T細胞は通常型T細胞におけるT細胞受容体誘導性Ca2+、NF-κBおよびNFATシグナル伝達を速やかに抑制する

Perspectives

MAPK p38αにおける三次元ドッキング

最新のEditor's Choice記事

2014年10月28日号

神経科学
睡眠の癒しの力

2014年10月21日号

宿主−微生物相互作用
細菌があなたの心をかき乱すのかもしれない

2014年10月14日号

がん
がん細胞における代謝の再配線

2014年10月7日号

生理学
うつ病を追いだす

2014年9月30日号

がん
転移性乳がんの治療の望み