• ホーム
  • 特集号: タンパク質リン酸化のシステム解析

特集号: タンパク質リン酸化のシステム解析

Focus Issue: Systems Analysis of Protein Phosphorylation

Editorial Guides

Sci. Signal., 31 August 2010
Vol. 3, Issue 137, p. eg6
[DOI: 10.1126/scisignal.3137eg6]

Nancy R. Gough1* and John F. Foley2

1 Editor of Science Signaling, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, N.W., Washington, DC 20005, USA.
2 Associate Editor of Science Signaling, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, N.W., Washington, DC 20005, USA.

* Corresponding author. E-mail, ngough@aaas.org

 

要約:キナーゼとホスファターゼは、ほとんどの細胞シグナル伝達経路に関わる重要な調節分子である。システムレ ベルの解析によって、リン酸化部位やキナーゼの特異性について新たな知見が得られている。また、ホスホプロテオミクス解析からは、豊富な量のデータが得ら れているのみならず、細胞の挙動、環境状態の変化に対する細胞応答、および疾患の機構に関する多くの事実が明らかになりつつある。ホスファターゼはシグナ ルの単なるターミネーターであるだけでなく、シグナル伝達に積極的に働き、特に酸化還元(レドックス)シグナル伝達においても重要である。この特集号で は、シグナル伝達全般の中心としてのタンパク質リン酸化に注目する。

N. R. Gough, J. F. Foley, Focus Issue: Systems Analysis of Protein Phosphorylation. Sci. Signal. 3, eg6 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年8月31日号

Editor's Choice

がん
実(Fak)のところ...

Editorial Guides

特集号: タンパク質リン酸化のシステム解析

Research Resources

免疫細胞におけるプロテインチロシンホスファターゼ遺伝子の包括的発現プロファイル

ヒトウイルスにおけるリン酸化部位の収集およびモチーフに基づく予測

Protocols

可逆的に酸化されたプロテインチロシンホスファターゼ・スーパーファミリーを標的にする

最新のEditorial Guides記事

2017年3月14日号

特集:がん−腫瘍遺伝学を超えてタンパク質のランドスケープへ

2017年2月28日号

注目問題:ヒーローと悪役としてのオートファジー

2017年2月21日号

変動原因:動物の微生物叢

2017年1月3日号

2016:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2016年12月6日号

解明されつつある細胞制御における細胞小器官の役割