• ホーム
  • 特集:シグナル伝達のツールキットに数学を加える

特集:シグナル伝達のツールキットに数学を加える

Focus Issue: Adding Math to the Signaling Toolkit

Editorial Guides

Sci. Signal., 17 April 2012
Vol. 5, Issue 220, p. eg5
[DOI: 10.1126/scisignal.2003112]

Wei Wong1* and John F. Foley1*

1 Associate Editor of Science Signaling, American Association for the Advancement of Science, 1200 New York Avenue, N.W., Washington, DC 20005, USA.

* Corresponding authors. E-mail, wwong@aaas.org (W.W.); jfoley@aaas.org (.F.F.)

要約:本誌のこの号では、Science4月13日号の補足として、シグナル伝達研究への計算論的アプローチの応用を紹介している。Researchとcommentaryでは、数理モデル化と実験データを組み合わせることによって、細胞が外的刺激と内的刺激をどのように解釈し、処理し、そして応答するのかに関する新たな知見を得る方法を示している。

W. Wong, J. F. Foley, Focus Issue: Adding Math to the Signaling Toolkit. Sci. Signal. 5, eg5 (2012).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2012年4月17日号

Editor's Choice

発生神経科学
逆行性シグナル伝達のための局所的合成

Editorial Guides

特集:シグナル伝達のツールキットに数学を加える

Research Article

直接的細胞間相互作用を介するシグナル伝播機構の作製

TH1細胞モデル内のインターフェロンγ、インターロイキン12、および腫瘍壊死因子のシグナル伝達経路の間のクロストークの定量化

Perspectives

合成によってシグナル伝達のダイナミクスを理解する

最新のEditorial Guides記事

2014年10月28日号

Focus Issue:ニューロンの発生、機能および疾患におけるシグナル伝達

2014年9月30日号

特集:生理機能と疾患におけるTGF-βと間葉転換

2014年3月25日号

特集:がんとの闘いの精度を上げる

2014年1月7日号

2013:シグナル伝達の「ブレイクスルー・オブ・ザ・イヤー」

2013年9月24日号

特集:がん治療戦略のネットワーク化