• ホーム
  • 環状ヌクレオチドは褐色脂肪組織の分化に収斂する

環状ヌクレオチドは褐色脂肪組織の分化に収斂する

Cyclic Nucleotides Converge on Brown Adipose Tissue Differentiation

Perspectives

Sci. Signal., 12 January 2010
Vol. 3, Issue 104, p. pe2
[DOI: 10.1126/scisignal.3104pe2]

Paul S. Amieux and G. Stanley McKnight*

Department of Pharmacology, University of Washington, Seattle, WA 98195, USA.

* Corresponding author. E-mail, mcknight@u.washington.edu

要約:褐色脂肪組織(BAT)はミトコンドリアを多く含み、酸化的リン酸化を脱共役することによって、脂肪酸代 謝の副産物として熱を産生することができる。この熱産生作用は、体温維持に役立つとともに、エネルギーのホメオスタシスと体重調節において重要な役割を果 たす。ミトコンドリア形成の細胞内調節とBATの分化には、サイクリックアデノシン一リン酸とサイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)の両方が寄与す る。BAT分化を誘発して熱産生を亢進するRhoA-ROCK経路とインスリン受容体シグナル伝達を調節する経路において、cGMP依存性プロテインキ ナーゼIが果たす重要な役割が、新たな証拠によって明確になった。

P. S. Amieux, G. S. McKnight, Cyclic Nucleotides Converge on Brown Adipose Tissue Differentiation. Sci. Signal. 3, pe2 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年1月12日号

Editor's Choice

代謝
BMPは代謝を調節する

Research Article

O-GlcNAc化とリン酸化の広範なクロストークが細胞質分裂を調節する

定量的リン酸化プロテオミクスによって有糸分裂時の広範囲に及ぶ完全なリン酸化部位占有が明らかに

Perspectives

環状ヌクレオチドは褐色脂肪組織の分化に収斂する

Reviews

ATPの基礎放出:細胞調節のための自己分泌−傍分泌機構

最新のPerspectives記事

2014年10月21日号

神経前駆細胞のNotch活性は細胞質分裂と非対称な分化を調整する

2014年10月14日号

コントロールフリークへのなり方

2014年10月7日号

IGF-1の道理:インスリン様成長因子受容体の活性化はT型カルシウムチャネル活性の亢進によって痛みを増大させる

2014年9月16日号

Bax阻害因子-1はおそらくH+/Ca2+交換因子ではなく、pH感受性カルシウム漏洩チャネルである

2014年9月2日号

リングを閉じる:ケモカイン受容体の第4の細胞外ループ