• ホーム
  • 精子-卵相互作用の機構:糖と切断される結合の間

精子-卵相互作用の機構:糖と切断される結合の間

Mechanisms of Sperm-Egg Interactions: Between Sugars and Broken Bonds

Perspectives

Sci. Signal., 5 October 2010
Vol. 3, Issue 142, p. pe35
[DOI: 10.1126/scisignal.3142pe35]

Pablo E. Visconti1* and Harvey M. Florman2*

1 Department of Veterinary and Animal Sciences, University of Massachusetts, Amherst, MA 01003, USA.
2 Department of Cell Biology, University of Massachusetts Medical School, Worcester, MA 01655, USA.

* Corresponding authors. Telephone, 413-545-5565413-545-5565; fax, (413) 545-6326; e-mail, pvisconti@vasci.umass.edu (P.E.V.). Telephone, 508-856-1675508-856-1675; fax, (508) 856-1033; e-mail, harvey.florman@umassmed.edu (H.M.F.)

 

要約:過去30年間で、哺乳類の受精の早期イベントに関するあるモデルが出現した。しかし、ここ10年間、新た なマウスモデルを利用してこれらの過程の研究が再度取り行われている。われわれは、これらの新データを既存モデルと照らし合わせ、一致が得られた分野と得 られていない分野を指摘する。

P. E. Visconti, H. M. Florman, Mechanisms of Sperm-Egg Interactions: Between Sugars and Broken Bonds. Sci. Signal. 3, pe35 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年10月5日号

Editor's Choice

免疫学
細菌をSLAMFでたたく

Research Article

アポリポタンパク質Eが虚血性脳のATP結合カセット輸送体を制御する

軸索における容積活性化アニオンチャネルからのATP放出を介する非シナプス性情報伝達

Perspectives

精子-卵相互作用の機構:糖と切断される結合の間

最新のPerspectives記事

2014年10月21日号

神経前駆細胞のNotch活性は細胞質分裂と非対称な分化を調整する

2014年10月14日号

コントロールフリークへのなり方

2014年10月7日号

IGF-1の道理:インスリン様成長因子受容体の活性化はT型カルシウムチャネル活性の亢進によって痛みを増大させる

2014年9月16日号

Bax阻害因子-1はおそらくH+/Ca2+交換因子ではなく、pH感受性カルシウム漏洩チャネルである

2014年9月2日号

リングを閉じる:ケモカイン受容体の第4の細胞外ループ