• ホーム
  • メカノソームは積まれたメッセージを運ぶ

メカノソームは積まれたメッセージを運ぶ

Mechanosomes Carry a Loaded Message

Perspectives

Sci. Signal., 21 December 2010
Vol. 3, Issue 153, p. pe51
[DOI: 10.1126/scisignal.3153pe51]

Joseph P. Bidwell1 and Fredrick M. Pavalko2*

1 Department of Anatomy and Cell Biology, Indiana University School of Medicine, Indianapolis, IN 46202, USA.
2 Department of Cellular and Integrative Physiology, Indiana University School of Medicine, Indianapolis, IN 46202, USA.

* Corresponding author. E-mail, fpavalko@iupui.edu

 

要約:機械的刺激に対する細胞の応答を仲介する分子機構を理解すること、すなわち機械的シグナル伝達として知られる過程は、ヒトの健康と疾患に関連する研究テーマであることがわかってきた。哺乳動物の骨格はその負荷環境に適応するように再構築されるので、骨における機械的シグナル伝達はとくに重要である。骨の細胞膜で検出される機械的シグナルが、標的遺伝子の転写の変化へと変換される仕組みについて説明するために、メカノソーム仮説が提唱されている。あるモデルでは、センサー細胞の表面に存在する接着複合体が、多タンパク質複合体(メカノソーム)を活性化する。メカノソームは、接着に関与するタンパク質、および核内に移行して標的遺伝子の転写活性を調節する転写因子の両方を含む。新たな研究によって、一酸化窒素(NO)、サイクリックグアノシン一リン酸(cGMP)、プロテインキナーゼG II、SHP-1およびSHP-2から成り、Srcを介してβ3インテグリンと会合する、これまで未知の機械的シグナル伝達複合体が同定された。この複合体は、流体の流れに応答して遺伝子発現を調節し、メカノソーム複合体に必要な要素をいくつか有する。これらの結果は、メカノソームネットワークがどれほど広範囲に及ぶのか、そしてメカノソームが機械的負荷に対して同様に応答する他のシグナル伝達経路とどのように相互作用するのかといった疑問を提起する。

J. P. Bidwell, F. M. Pavalko, Mechanosomes Carry a Loaded Message. Sci. Signal. 3, pe51 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年12月21日号

Editor's Choice

感覚知覚
皮膚の光検出器

Research Article

哺乳類のMAPK/ERK経路は負帰還増幅器の特性を示す

サイクリックGMPとプロテインキナーゼGが骨芽細胞におけるSrc含有メカノソームを制御する

Research Resources

ホスホプロテオミクス解析が酵母におけるキナーゼとホスファターゼの撹乱に対する相互接続システム全体の応答を解明する

Perspectives

メカノソームは積まれたメッセージを運ぶ

最新のPerspectives記事

2014年10月21日号

神経前駆細胞のNotch活性は細胞質分裂と非対称な分化を調整する

2014年10月14日号

コントロールフリークへのなり方

2014年10月7日号

IGF-1の道理:インスリン様成長因子受容体の活性化はT型カルシウムチャネル活性の亢進によって痛みを増大させる

2014年9月16日号

Bax阻害因子-1はおそらくH+/Ca2+交換因子ではなく、pH感受性カルシウム漏洩チャネルである

2014年9月2日号

リングを閉じる:ケモカイン受容体の第4の細胞外ループ