• ホーム
  • Gタンパク質共役受容体のシグナル伝達によって筋肉を発達させる

Gタンパク質共役受容体のシグナル伝達によって筋肉を発達させる

Making Muscles Grow by G Protein–Coupled Receptor Signaling

Perspectives

Sci. Signal., 29 November 2011
Vol. 4, Issue 201, p. pe45
[DOI: 10.1126/scisignal.2002670]

Denis C. Guttridge*

Human Cancer Genetics Program, Department of Molecular Virology, Immunology and Medical Genetics, Ohio State University, 460 West 12th Avenue, BRT 910, Columbus, OH 43210, USA.

* Corresponding author. E-mail, denis.guttridge@osumc.edu

要約:Gタンパク質共役受容体の活性化は多くの細胞内応答の調節に関与しているが、骨格筋の分化と維持におけるGタンパク質共役受容体の役割についてはよくわかっていない。新しい発見によって、筋繊維の成熟と発達の重要な仲介者として、抑制性サブユニットGαi2が複数のシグナル伝達経路を介して、選択的にタンパク質合成を促進したり、サイトカイン依存性のタンパク質のターンオーバーを抑制したりすることが示唆される。

D. C. Guttridge, Making Muscles Grow by G Protein–Coupled Receptor Signaling. Sci. Signal. 4, pe45 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年11月29日号

Editor's Choice

アポトーシス
カルシウムでブレーキをかける

Research Article

i2によるシグナル伝達は骨格筋肥大、筋芽細胞の分化、および筋再生を促進する

標的siRNAスクリーニングによって、ナチュラルキラー細胞の免疫シナプスにおけるCdc42活性の調節因子が同定される

Research Resources

生細胞でのSH3ドメインに基づく光捕捉法によってRhoファミリーのGAPシグナル伝達複合体を明らかにする

Perspectives

Gタンパク質共役受容体のシグナル伝達によって筋肉を発達させる

最新のPerspectives記事

2014年10月21日号

神経前駆細胞のNotch活性は細胞質分裂と非対称な分化を調整する

2014年10月14日号

コントロールフリークへのなり方

2014年10月7日号

IGF-1の道理:インスリン様成長因子受容体の活性化はT型カルシウムチャネル活性の亢進によって痛みを増大させる

2014年9月16日号

Bax阻害因子-1はおそらくH+/Ca2+交換因子ではなく、pH感受性カルシウム漏洩チャネルである

2014年9月2日号

リングを閉じる:ケモカイン受容体の第4の細胞外ループ