• ホーム
  • LRRK2とヒトの疾患:複雑な問題か複合体の問題か

LRRK2とヒトの疾患:複雑な問題か複合体の問題か

LRRK2 and Human Disease: A Complicated Question or a Question of Complexes?

Perspectives

Sci. Signal., 17 January 2012
Vol. 5, Issue 207, p. pe2
[DOI: 10.1126/scisignal.2002680]

Patrick A. Lewis* and Claudia Manzoni*

Department of Molecular Neuroscience, UCL Institute of Neurology, University College London, Queen Square, London WC1N 3BG, UK.

* Corresponding authors. E-mail, patrick.lewis@ucl.ac.uk (P.A.L.); c.manzoni@ucl.ac.uk (C.M.)

要約:ロイシンリッチリピートキナーゼ2(LRRK2)は、パーキンソン病、がん、ハンセン病などのさまざまな疾患に関連する。LRRK2ノックアウトマウスのデータから、LRRK2がクローン病の発症に関連するシグナル伝達経路の調節に関与する可能性が明らかになった。本稿でわれわれは、細胞におけるシグナル伝達のハブとしてのLRRK2の役割によって、多様な病態が引き起こされる仕組みについて検討する。

P. A. Lewis, C. Manzoni, LRRK2 and Human Disease: A Complicated Question or a Question of Complexes? Sci. Signal. 5, pe2 (2012).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2012年1月17日号

Editor's Choice

神経科学
核内PTENはニューロンの生存を促進する

Research Article

インターロイキン-11は酸化ストレスと代償性増殖を結び付ける

プレキシンはRapのGTPアーゼ活性化タンパク質であり、二量体形成の誘導によって活性化される

Perspectives

FGFRシグナル伝達経路におけるスイートスポット

LRRK2とヒトの疾患:複雑な問題か複合体の問題か

最新のPerspectives記事

2014年10月21日号

神経前駆細胞のNotch活性は細胞質分裂と非対称な分化を調整する

2014年10月14日号

コントロールフリークへのなり方

2014年10月7日号

IGF-1の道理:インスリン様成長因子受容体の活性化はT型カルシウムチャネル活性の亢進によって痛みを増大させる

2014年9月16日号

Bax阻害因子-1はおそらくH+/Ca2+交換因子ではなく、pH感受性カルシウム漏洩チャネルである

2014年9月2日号

リングを閉じる:ケモカイン受容体の第4の細胞外ループ