• ホーム
  • TLR5-フラジェリン複合体の構造:病原体検出の新たな様式、シグナル伝達のための保存された受容体の二量体化

TLR5-フラジェリン複合体の構造:病原体検出の新たな様式、シグナル伝達のための保存された受容体の二量体化

The Structure of the TLR5-Flagellin Complex: A New Mode of Pathogen Detection, Conserved Receptor Dimerization for Signaling

Perspectives

Sci. Signal., 20 March 2012
Vol. 5, Issue 216, p. pe11
[DOI: 10.1126/scisignal.2002963]

Jinghua Lu and Peter D. Sun*

Structural Immunology Section, Laboratory of Immunogenetics, National Institute of Allergy and Infectious Diseases, National Institutes of Health, 12441 Parklawn Drive, Rockville, MD 20852, USA.

* Corresponding author. E-mail: psun@nih.gov

要約:Toll様受容体(TLR)がどのようにして病原体リガンドを認識するのかについて知ることは、これらの受容体がどのようにして活性化されるかを理解し、炎症性疾患に関してこの受容体ファミリーを標的とする治療化合物をデザインするために重要である。細菌リガンドであるフラジェリンと複合体を形成しているTLR5の結晶構造から、TLR5のリガンド結合様式が、これまでにわかっているTLRの結合様式とは異なることが明らかになった。それにもかかわらず、他のTLRと同様に、TLR5もリガンド結合に応答して二量体を形成する。本研究は、TLRの機能に関する現在の知識に寄与するとともに、万能性のリガンド認識を保存されている受容体シグナル伝達機能に共役させるTLRの能力をさらに証明する。

J. Lu, P. D. Sun, The Structure of the TLR5-Flagellin Complex: A New Mode of Pathogen Detection, Conserved Receptor Dimerization for Signaling. Sci. Signal. 5, pe11 (2012).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2012年3月20日号

Editor's Choice

生化学
PKM2は裏ではプロテインキナーゼとして機能する

Research Article

細胞性アポトーシス抑制因子は、TNF受容体ファミリーのメンバーによるNF-κBおよびMAPK活性化の包括的な制御因子である

カンナビノイドはインスリン受容体活性化を直接抑制することによって膵β細胞死を誘導する

Perspectives

TLR5-フラジェリン複合体の構造:病原体検出の新たな様式、シグナル伝達のための保存された受容体の二量体化

最新のPerspectives記事

2016年4月26日号

Ca2+透過性AMPA受容体、キナーゼPKAおよびホスファターゼPP2BはシナプスのLTPおよびLTDにおいてどのような結び付きがあるか

2016年4月5日号

IP3受容体:4つのIP3でチャネルを開く

2015年11月3日号

発がん性PI3Kαが乳房上皮細胞の多能性を促進する

2015年9月29日号

シナプスとゲノム:裏で交わされる内緒話

2015年9月1日号

PTENおよびLKB1ダブルノックアウトマウスにおいてがんを媒介するシグナル伝達経路を細かく分析する