• ホーム
  • NAADPとイオンチャンネル活性の関連付け:統一仮説

NAADPとイオンチャンネル活性の関連付け:統一仮説

Linking NAADP to Ion Channel Activity: A Unifying Hypothesis

Perspectives

Sci. Signal., 24 April 2012
Vol. 5, Issue 221, p. pe18
[DOI: 10.1126/scisignal.2002890]

Andreas H. Guse*

The Calcium Signalling Group, Department of Biochemistry and Signal Transduction and Department of Biochemistry and Molecular Cell Biology, Centre of Experimental Medicine, University Medical Centre Hamburg-Eppendorf, Martinistrasse 52, 20246 Hamburg, Germany.

* Corresponding author. Telephone, 49-40-74105-2828; fax, 49-40-74105-6818; e-mail, guse@uke.de

要約:ニコチン酸アデニンジヌクオチドリン酸(NAADP)は、リアノジン受容体、二孔チャネルおよびリソソームに局在化するCa2+チャネルであるTRP-ML1(一過性受容体電位チャネルサブタイプ、ムコリピン1)など、異なるイオンチャネルを調節し得る有力なCa2+放出セカンドメッセンジャーである。22kDaと23kDaのタンパク質対がNAADPの受容体となり得ることを示唆する新たな証拠が得られた。NAADP結合タンパク質の標識は二孔チャネルの過剰発現またはノックアウトとは独立しており、二孔チャネルはNAADPによって制御されているが、NAADPの受容体ではないことが示された。NAADP結合タンパク質は異なるイオンチャネルと結合すると考えられ、NAADPが様々なイオンチャネルをどのように調節しているかはこれによって説明される。

A. H. Guse, Linking NAADP to Ion Channel Activity: A Unifying Hypothesis. Sci. Signal. 5, pe18 (2012).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2012年4月24日号

Editor's Choice

薬理学
モルヒネの炎症性受容体

Research Article

アンジオテンシンアナログにより解明された、異なるβ-アレスチン依存性コンホメーションシグナル伝達と細胞応答

Research Resources

3色FRETにより生きたヒト細胞においてSLP-76、Nck、Vav1の多分子複合体形成のダイナミクスを研究する

Perspectives

NAADPとイオンチャンネル活性の関連付け:統一仮説

最新のPerspectives記事

2014年10月21日号

神経前駆細胞のNotch活性は細胞質分裂と非対称な分化を調整する

2014年10月14日号

コントロールフリークへのなり方

2014年10月7日号

IGF-1の道理:インスリン様成長因子受容体の活性化はT型カルシウムチャネル活性の亢進によって痛みを増大させる

2014年9月16日号

Bax阻害因子-1はおそらくH+/Ca2+交換因子ではなく、pH感受性カルシウム漏洩チャネルである

2014年9月2日号

リングを閉じる:ケモカイン受容体の第4の細胞外ループ