• ホーム
  • 可逆的に酸化されたプロテインチロシンホスファターゼ・スーパーファミリーを標的にする

可逆的に酸化されたプロテインチロシンホスファターゼ・スーパーファミリーを標的にする

Targeting the Reversibly Oxidized Protein Tyrosine Phosphatase Superfamily

Protocols

Sci. Signal., 31 August 2010
Vol. 3, Issue 137, p. pl2
[DOI: 10.1126/scisignal.3137pl2]

Benoit Boivin1, Ming Yang1,2, and Nicholas K. Tonks1*

1 Cold Spring Harbor Laboratory, Cold Spring Harbor, NY 11724, USA.
2 Department of Biochemistry and Cell Biology, Stony Brook University, Stony Brook, NY 11794-5215, USA.

* Corresponding author. Cold Spring Harbor Laboratory, 1 Bungtown Road, Cold Spring Harbor, NY 11724-2202, USA. E-mail, tonks@cshl.edu

 

要約:活性酸素種の制御された生成は、プロテインチロシンホスファターゼ(PTP)の可逆的酸化を引き起こし、 リン酸化依存性シグナル伝達よりも重要な調節段階であることがわかってきた。本稿では、さまざまなPTPサブクラスそれぞれのメンバーの可逆的酸化を検出 するための改良型システイン標識アッセイについて紹介する。ここでは、複雑なタンパク質抽出物から可逆的に酸化されたPTPを濃縮する方法について述べ、 IMR90線維芽細胞でその手順の例を示す。

B. Boivin, M. Yang, N. K. Tonks, Targeting the Reversibly Oxidized Protein Tyrosine Phosphatase Superfamily. Sci. Signal. 3, pl2 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年8月31日号

Editor's Choice

がん
実(Fak)のところ...

Editorial Guides

特集号: タンパク質リン酸化のシステム解析

Research Resources

免疫細胞におけるプロテインチロシンホスファターゼ遺伝子の包括的発現プロファイル

ヒトウイルスにおけるリン酸化部位の収集およびモチーフに基づく予測

Protocols

可逆的に酸化されたプロテインチロシンホスファターゼ・スーパーファミリーを標的にする

最新のProtocols記事

2017年11月14日号

負の選択を用いたファージディスプレイによるアイソフォーム特異的結合タンパク質(Affimer)の単離

2013年4月2日号

cBioPortalを利用した複雑ながんゲノミクスと臨床プロファイルの統合解析

2012年6月5日号

キナーゼの直接の基質の標識と同定

2012年1月10日号

シグナル伝達タンパク質の存在量と翻訳後修飾の状態を評価するためのアレイに基づく二本立ての手法

2011年12月13日号

培養細胞の核シグナル伝達分子、サイトゾルのシグナル伝達分子、膜結合型シグナル伝達分子の分離方法