• ホーム
  • 培養細胞の核シグナル伝達分子、サイトゾルのシグナル伝達分子、膜結合型シグナル伝達分子の分離方法

培養細胞の核シグナル伝達分子、サイトゾルのシグナル伝達分子、膜結合型シグナル伝達分子の分離方法

A Method to Separate Nuclear, Cytosolic, and Membrane-Associated Signaling Molecules in Cultured Cells

Protocols

Sci. Signal., 13 December 2011
Vol. 4, Issue 203, p. pl2
[DOI: 10.1126/scisignal.2002373]

Xiaoyong Liu and François Fagotto*

Department of Biology, McGill University, 1205 Dr. Penfield Avenue, Montreal, Quebec H3A 1B1, Canada.

* Corresponding author. Telephone, +1 514-398-6411; fax, +1 514-398-5069; e-mail, francois.fagotto@mcgill.ca

要約:核、細胞質、細胞膜のタンパク質分布を直接比較することは、細胞における過程、特に細胞表面で発生したカスケードが、核などの他の細胞コンパートメントの機能を調節する過程であるシグナル伝達を理解するために重要である。しかし、よく用いられる方法の多くは、核からの細胞膜や細胞骨格の分離や、ヌクレオゾルからのサイトゾルの分離を効率よく行うことができない。この問題は、シグナル伝達経路の研究において、これまでにもシグナル伝達分子の細胞局在の評価を誤らせ、混乱するような結果をもたらしてきたが、細胞質と核の間を往復する可溶性タンパク質の生化学的研究においても課題となっている。われわれは、界面活性剤による膜の部分的な透過処理とその後の密度勾配遠心分離法に基づく簡便な方法について紹介する。この方法によって、様々な哺乳類細胞株において、サイトゾル成分、ヌクレオゾル成分、核内不溶性成分、膜区画の成分を迅速に分離することができる。

X. Liu, F. Fagotto, A Method to Separate Nuclear, Cytosolic, and Membrane-Associated Signaling Molecules in Cultured Cells. Sci. Signal. 4, pl2 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年12月13日号

Editor's Choice

アルドステロンはどうやって心臓を破るのか

Research Article

ホスファターゼPTP1BのH2S-誘導性スルフヒドリル化および小胞体ストレス応答における役割

アクチンコメットか細胞膜ラッフルの誘導:アクチン再構成に対するホスホイノシチドの異なる影響

Perspectives

インスリンシグナル伝達の調節には複数の生物が関わるのか?

Protocols

培養細胞の核シグナル伝達分子、サイトゾルのシグナル伝達分子、膜結合型シグナル伝達分子の分離方法

最新のProtocols記事

2013年4月2日号

cBioPortalを利用した複雑ながんゲノミクスと臨床プロファイルの統合解析

2012年6月5日号

キナーゼの直接の基質の標識と同定

2012年1月10日号

シグナル伝達タンパク質の存在量と翻訳後修飾の状態を評価するためのアレイに基づく二本立ての手法

2011年12月13日号

培養細胞の核シグナル伝達分子、サイトゾルのシグナル伝達分子、膜結合型シグナル伝達分子の分離方法

2010年8月31日号

可逆的に酸化されたプロテインチロシンホスファターゼ・スーパーファミリーを標的にする