• ホーム
  • ステロイド産生因子1によるVAV2発現の用量依存性制御が副腎皮質がんの細胞浸潤を誘導する

ステロイド産生因子1によるVAV2発現の用量依存性制御が副腎皮質がんの細胞浸潤を誘導する

Dosage-dependent regulation of VAV2 expression by steroidogenic factor-1 drives adrenocortical carcinoma cell invasion

Research Article

Sci. Signal. 07 Mar 2017:
Vol. 10, Issue 469,
DOI: 10.1126/scisignal.aal2464

Carmen Ruggiero1,2,3,4, Mabrouka Doghman-Bouguerra1,2,3,4, Silviu Sbiera5, Iuliu Sbiera5, Maddy Parsons6, Bruno Ragazzon7,8,9, Aurélie Morin9,10, Estelle Robidel9,10, Judith Favier9,10, Jérôme Bertherat7,8,9, Martin Fassnacht11, and Enzo Lalli1,2,3,4,*

1 Université Côte d’Azur, Sophia Antipolis, 06560 Valbonne, France.
2 CNRS UMR7275, Sophia Antipolis, 06560 Valbonne, France.
3 NEOGENEX CNRS International Associated Laboratory, Sophia Antipolis, 06560 Valbonne, France.
4 Institut de Pharmacologie Moléculaire et Cellulaire, Sophia Antipolis, 06560 Valbonne, France.
5 Division of Endocrinology and Diabetes, Department of Internal Medicine I, University Hospital, University of Würzburg, 97080 Würzburg, Germany.
6 Randall Division of Cell and Molecular Biophysics, King’s College London, London SE1 1UL, U.K.
7 Inserm, U1016, Institut Cochin, 75014 Paris, France.
8 CNRS UMR8104, 75014 Paris, France.
9 Université Paris Descartes, Sorbonne Paris Cité, 74014 Paris, France.
10 Inserm, UMR970, Paris Cardiovascular Research Centre, 75015 Paris, France.
11 Comprehensive Cancer Center Mainfranken, University of Würzburg, 97080 Würzburg, Germany.

* Corresponding author. Email: ninino@ipmc.cnrs.fr

要約
副腎皮質がん(ACC)は予後が不良なまれな内分泌悪性腫瘍である。ゲノム研究の結果、ACCの分子基盤の理解は進んだが、その予後に影響する因子はわかっていない。転写因子であるステロイド産生因子(SF-1、NR5A1とも呼ばれる)をコードする遺伝子の増幅はACCによく見られる遺伝子異常の1つである。ACCではSF-1コード遺伝子の発現亢進によって、細胞骨格を制御する低分子GTPアーゼに対するグアニンヌクレオチド交換因子であるVAV2の存在量が増加するが、われわれはこの増加に関与する転写制御機序を特定した。培養ACC細胞中のSF-1およびVAV2量を操作した結果、VAV2は、培養物(マトリゲル)およびin vivo(鶏胚漿尿膜)モデルにおいて、SF-1によって誘導される細胞骨格リモデリングおよび浸潤の重要因子であることが明らかになった。ACC患者コホートの分析の結果、VAV2量の多さがACC患者の予後不良と頑健な相関があることが示された。VAV2は創薬標的であるため、本所見から、VAV2の遮断は、ACC患者における転写の進行を阻害する新規の治療法となり得ることが示唆される。

Citation: C. Ruggiero, M. Doghman-Bouguerra, S. Sbiera, I. Sbiera, M. Parsons, B. Ragazzon, A. Morin, E. Robidel, J. Favier, J. Bertherat, M. Fassnacht, E. Lalli, Dosage-dependent regulation of VAV2 expression by steroidogenic factor-1 drives adrenocortical carcinoma cell invasion. Sci. Signal. 10, eaal2464 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年3月7日号

Editor's Choice

紫外線が遺伝子の二重機能性を誘導する

Research Article

細胞骨格の適応性がT細胞受容体シグナル伝達を調節する

ステロイド産生因子1によるVAV2発現の用量依存性制御が副腎皮質がんの細胞浸潤を誘導する

RAF1/BRAFの二量体化がRASからERKおよびROKαへのシグナルを統合する

Research Resources

酵母における浸透圧ストレス応答のプロテインキナーゼ特異的エフェクターの同定

最新のResearch Article記事

2017年3月14日号

ra-20170314-1SPPL3に媒介されるADAM10の活性化がメラノサイトの形質転換の重要なステップであることがマルチエピトープ組織解析によって明らかに

PSMAはMAPKからPI3K-AKT経路へ細胞生存シグナル伝達を切り替えて前立腺がんの進行を促進する

2017年3月7日号

細胞骨格の適応性がT細胞受容体シグナル伝達を調節する

ステロイド産生因子1によるVAV2発現の用量依存性制御が副腎皮質がんの細胞浸潤を誘導する

RAF1/BRAFの二量体化がRASからERKおよびROKαへのシグナルを統合する