• ホーム
  • アストロサイトから放出される細胞外小胞が炎症性脳病変に対する末梢の白血球応答を調節する

アストロサイトから放出される細胞外小胞が炎症性脳病変に対する末梢の白血球応答を調節する

Astrocyte-shed extracellular vesicles regulate the peripheral leukocyte response to inflammatory brain lesions

Research Article

Sci. Signal. 04 Apr 2017:
Vol. 10, Issue 473, eaai7696
DOI: 10.1126/scisignal.aai7696

Alex M. Dickens1,*, Luis B. Tovar-y-Romo1,*, Seung-Wan Yoo1, Amanda L. Trout1, Mihyun Bae1, Marlene Kanmogne1, Bezawit Megra2, Dionna W. Williams2, Kennith W. Witwer3, Mar Gacias4, Nino Tabatadze1, Robert N. Cole5, Patrizia Casaccia4, Joan W. Berman2, Daniel C. Anthony6, and Norman J. Haughey1,7,†

1 Department of Neurology, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21287, USA.
2 Departments of Pathology, Microbiology, and Immunology, Albert Einstein College of Medicine, Bronx, NY 10461, USA.
3 Department of Molecular and Comparative Pathobiology, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21287, USA.
4 Department of Neuroscience, Genetics and Genomics, Icahn School of Medicine at Mount Sinai, New York, NY 10029, USA.
5 Department of Biological Chemistry, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21287, USA.
6 Department of Pharmacology, University of Oxford, Oxford OX1 3QT, UK.
7 Department of Psychiatry, Johns Hopkins University School of Medicine, Baltimore, MD 21287, USA.

† Corresponding author: Email: nhaughe1@jhmi.edu

* These authors contributed equally to this work.

要約
脳損傷は、白血球の脳内への遊出を指示する末梢の急性サイトカイン応答を引き起こす。この脳から末梢への免疫コミュニケーションは患者の回復に影響を及ぼすため、その調節を理解することが重要である。炎症性脳損傷のマウスモデルを用いて、われわれはこの現象の可溶性メディエーターを見出そうと試みた。インターロイキン-1β(IL-1β)の脳内接種に応答してアストロサイトから放出される細胞外小胞(EV)が、速やかに末梢循環に入り、末梢の急性サイトカイン応答の調節を介して、白血球の遊出を促進することがわかった。EVのタンパク質およびマイクロRNAカーゴのバイオインフォマティクス解析により、ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体α(PPARα)が、アストロサイトから放出されるEVの主要な分子標的として同定された。マウスにおいて、アストロサイトのEVは、PPARαを阻害し、肝臓におけるサイトカイン産生を誘発する核内因子κB(NF-κB)の活性を上昇させることによって、白血球の脳内への遊出を促進することが確認された。これらの結果から、脳と末梢免疫系のコミュニケーションを調節する機構に関するわれわれの理解が広がるとともに、アストロサイトのEVが、炎症性脳損傷に対する免疫応答の分子調節因子であることがわかる。

Citation: A. M. Dickens, L. B. Tovar-y-Romo, S.-W. Yoo, A. L. Trout, M. Bae, M. Kanmogne, B. Megra, D. W. Williams, K. W. Witwer, M. Gacias, N. Tabatadze, R. N. Cole, P. Casaccia, J. W. Berman, D. C. Anthony, N. J. Haughey, Astrocyte-shed extracellular vesicles regulate the peripheral leukocyte response to inflammatory brain lesions. Sci. Signal. 10, eaai7696 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年4月4日号

Editor's Choice

脆弱X症候群における食作用の欠損

神経膠芽腫の治療に近づく

Research Article

アストロサイトから放出される細胞外小胞が炎症性脳病変に対する末梢の白血球応答を調節する

hERG1チャネルのコンフォメーション状態はインテグリンの会合、下流のシグナル伝達、およびがんの進行を決定する

リジン脱アセチル化酵素Sirtuin 1は制御性T細胞におけるNotch1受容体の局在化および機能を調節する

最新のResearch Article記事

2017年4月18日号

カリウムの恒常性制御は枯草菌における二次メッセンジャー、サイクリック-ジAMPの必須機能である

キナーゼTPL2がERKとp38のシグナル伝達を活性化し、好中球性炎症を促進する

2017年4月4日号

アストロサイトから放出される細胞外小胞が炎症性脳病変に対する末梢の白血球応答を調節する

hERG1チャネルのコンフォメーション状態はインテグリンの会合、下流のシグナル伝達、およびがんの進行を決定する

リジン脱アセチル化酵素Sirtuin 1は制御性T細胞におけるNotch1受容体の局在化および機能を調節する