• ホーム
  • TGF-βはTRAF6を介するp85αのユビキチン化によってPI3K-AKTシグナル伝達と前立腺がん細胞遊走を促進する

TGF-βはTRAF6を介するp85αのユビキチン化によってPI3K-AKTシグナル伝達と前立腺がん細胞遊走を促進する

TGF-β promotes PI3K-AKT signaling and prostate cancer cell migration through the TRAF6-mediated ubiquitylation of p85α

Research Article

Sci. Signal. 04 Jul 2017:
Vol. 10, Issue 486, eaal4186
DOI: 10.1126/scisignal.aal4186

Anahita Hamidi1, Jie Song2, Noopur Thakur1, Susumu Itoh3, Anders Marcusson1, Anders Bergh2, Carl-Henrik Heldin1,*,†, and Maréne Landström1,2,*,†

1 Ludwig Institute for Cancer Research and Science for Life Laboratory, Uppsala University, Uppsala SE 751 24, Sweden.
2 Unit of Pathology, Department of Medical Biosciences, Umeå University, Umeå SE 901 85, Sweden.
3 Laboratory of Biochemistry, Showa Pharmaceutical University, Tokyo 194-8543, Japan.

† Corresponding author. Email: marene.landstrom@medbio.umu.se (M.L.); c-h.heldin@licr.uu.se (C.-H.H.)

* These authors contributed equally to this work.

要約
トランスフォーミング増殖因子-β(TGF-β)は、正常組織と腫瘍において細胞の運命や可塑性を調節する多能性サイトカインである。TGF-βによって引き起こされる多機能性の細胞応答は、古典的SMAD経路や、マイトジェン活性化プロテインキナーゼ(MAPK)経路、ホスファチジルイノシトール3′-キナーゼ(PI3K)-プロテインキナーゼB(AKT)経路などの非古典的経路によって仲介される。われわれは、TGF-βが、E3ユビキチンリガーゼである腫瘍壊死因子受容体関連因子6(TRAF6)の活性に依存する形で、PI3Kを活性化することを見出した。TRAF6はPI3Kの調節サブユニットp85αをポリユビキチン化し、TGF-β I型受容体(TβRI)とp85αの複合体形成を促進することにより、PI3KとAKTを活性化させた。前立腺がん細胞および活性化マクロファージにおいて、TGF-βによるPI3K-AKTシグナル伝達と細胞運動の活性化のためには、p85αのiSH2(inter-Src homology 2)ドメイン内のLys513およびLys519におけるLys63結合型ポリユビキチン化が必要であった。SMAD経路の活性化と異なり、TRAF6を介するPI3KおよびAKTの活性化は、TβRIのキナーゼ活性に依存しなかった。In situ近接ライゲーションアッセイにより、p85αのポリユビキチン化は進行性前立腺がん組織において顕著であることが明らかになった。このようにわれわれのデータは、TGF-βがPI3K-AKT経路を活性化させ、細胞遊走を促進する分子機序を明らかにしている。

Citation: A. Hamidi, J. Song, N. Thakur, S. Itoh, A. Marcusson, A. Bergh, C.-H. Heldin, M. Landström, TGF-β promotes PI3K-AKT signaling and prostate cancer cell migration through the TRAF6-mediated ubiquitylation of p85α. Sci. Signal.10, eaal4186 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年7月4日号

Editor's Choice

FXSの治療法?

Research Article

収縮時の平滑筋への電位依存性Ca2+流入は細動脈における内皮によるフィードバック血管拡張を促進する

TGF-βはTRAF6を介するp85αのユビキチン化によってPI3K-AKTシグナル伝達と前立腺がん細胞遊走を促進する

Perspectives

発見から25年強が過ぎたAKTに関する展望

最新のResearch Article記事

2017年7月4日号

収縮時の平滑筋への電位依存性Ca2+流入は細動脈における内皮によるフィードバック血管拡張を促進する

TGF-βはTRAF6を介するp85αのユビキチン化によってPI3K-AKTシグナル伝達と前立腺がん細胞遊走を促進する

2017年6月27日号

CK1αの存在量の差異がWNT依存性腫瘍を標的とする薬理学的CK1α活性化因子に選択性をもたらす

2017年6月20日号

哺乳類感覚ニューロンのリガンド開口型Ca2+チャネルと電位開口型Ca2+チャネルが小胞の神経ペプチド放出モードを差動的に調節する

Slitの分泌および軸索上のSlit受容体Roboの維持にはグリコシル化経路が必要