• ホーム
  • チロシンホスファターゼSHP-1は免疫シナプスにおいてアダプタータンパク質CrkIIを活性化することによってT細胞接着を促進する

チロシンホスファターゼSHP-1は免疫シナプスにおいてアダプタータンパク質CrkIIを活性化することによってT細胞接着を促進する

The tyrosine phosphatase SHP-1 promotes T cell adhesion by activating the adaptor protein CrkII in the immunological synapse

Research Article

Sci. Signal. 08 Aug 2017:
Vol. 10, Issue 491, eaal2880
DOI: 10.1126/scisignal.aal2880

Inbar Azoulay-Alfaguter1, Marianne Strazza1, Michael Peled1, Hila K. Novak2,3, James Muller2, Michael L. Dustin2,3, and Adam Mor1,2,4,*

1 Department of Medicine, New York University School of Medicine, New York, NY 10016, USA.
2 Department of Pathology, New York University School of Medicine, New York, NY 10016, USA.
3 Kennedy Institute for Rheumatology, Oxford University, Oxford, UK.
4 Perlmutter Cancer Center, New York University School of Medicine, New York, NY 10016, USA.

* Corresponding author. Email: adam.mor@nyumc.org

要約
アダプタータンパク質CrkIIは、Rap1の活性化因子であるグアニンヌクレオチド交換因子C3Gを動員することによってT細胞接着を調節する。その後、Rap1はインテグリンLFA-1を刺激し、T細胞の抗原提示細胞(APC)との接着および相互作用を引き起こす。T細胞が正常に機能し、教育されるには、APCへの接着が不可欠である。T細胞とAPCとの相互作用は免疫シナプスとして知られており、中心部超分子活性化クラスター(c-SMAC)と周辺部超分子活性化クラスター(p-SMAC)に分けられる特異的なタンパク質構成を特徴とする。全反射照明蛍光(TIRF)顕微鏡による観察と支持脂質二重膜を用いた実験によって、活性化されたRap1が免疫シナプスに動員され、p-SMACに局在することが確認された。C3Gと活性型(脱リン酸化)CrkIIも同じコンパートメントに局在していた。対照的に、非活性型(リン酸化)CrkIIはc-SMACに限局されていた。CrkIIの活性化とその後のc-SMACからp-SMACへの移動は、T細胞受容体の下流で作用するホスファターゼSHP-1に依存していた。p-SMACにおいて、CrkIIはC3Gを動員し、Rap1の活性化およびLFA-1によるT細胞のAPCへの接着を引き起こした。T細胞の接着と移動の両方に、SHP-1が機能的に不可欠であった。まとめると、今回のデータは、免疫シナプスにおいてRap1の活性化パターンを再形成するのに、SHP-1がCrkIIを通して作用するシグナル伝達経路を浮き彫りにしている。

Citation: I. Azoulay-Alfaguter, M. Strazza, M. Peled, H. K. Novak, J. Muller, M. L. Dustin, A. Mor, The tyrosine phosphatase SHP-1 promotes T cell adhesion by activating the adaptor protein CrkII in the immunological synapse. Sci. Signal. 10, eaal2880 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年8月8日号

Editor's Choice

新たなつながり:間質を通して腫瘍を理解する

Research Article

チロシンホスファターゼSHP-1は免疫シナプスにおいてアダプタータンパク質CrkIIを活性化することによってT細胞接着を促進する

TRIF依存性のToll様受容体シグナル伝達は肝細胞におけるScd1転写を抑制し、食餌誘発性脂肪肝を予防する

Research Resources

乳がんは個別的かつ協調的に間質組織のプロテオームを教育する

最新のResearch Article記事

2017年8月8日号

チロシンホスファターゼSHP-1は免疫シナプスにおいてアダプタータンパク質CrkIIを活性化することによってT細胞接着を促進する

TRIF依存性のToll様受容体シグナル伝達は肝細胞におけるScd1転写を抑制し、食餌誘発性脂肪肝を予防する

2017年8月1日号

高グルコース誘導性ROSはTRPM2を活性化しリソソーム膜の透過化およびZn2+媒介ミトコンドリア分裂を引き起こす

2017年7月25日号

脂肪組織のナトリウム利尿ペプチドシグナル伝達を増強させると食餌誘発性肥満およびインスリン抵抗性を予防するが、筋肉ではそのような効果はみられない

グルココルチコイド-Angptl4-セラミド軸はPP2AおよびPKCζを介してインスリン抵抗性を誘導する