• ホーム
  • 腫瘍微小環境において制御性T細胞表面結合型TGF-βを遮断するとエフェクターT細胞の機能抑制が解除される

腫瘍微小環境において制御性T細胞表面結合型TGF-βを遮断するとエフェクターT細胞の機能抑制が解除される

Blockade of surface-bound TGF-β on regulatory T cells abrogates suppression of effector T cell function in the tumor microenvironment

Research Article

Sci. Signal. 29 Aug 2017:
Vol. 10, Issue 494, eaak9702
DOI: 10.1126/scisignal.aak9702

Sadna Budhu1,2,*, David A. Schaer1,*, Yongbiao Li3, Ricardo Toledo-Crow3, Katherine Panageas4, Xia Yang1,2, Hong Zhong1,2, Alan N. Houghton1, Samuel C. Silverstein5, Taha Merghoub1,2,†, and Jedd D. Wolchok1,2,6,†

1 Swim Across America and Ludwig Collaborative Laboratory, Immunology Program, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, New York, NY 10065, USA.
2 Parker Institute for Cancer Immunotherapy, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, New York, NY 10065, USA.
3 Research Engineering Laboratory, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, New York, NY 10065, USA.
4 Department of Epidemiology and Biostatistics, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, New York, NY 10065, USA.
5 Department of Physiology and Cellular Biophysics, Columbia University Medical Center, New York, NY 10032, USA.
6 Weill Cornell Medical College, New York, NY 10065, USA.

† Corresponding author. Email: merghout@mskcc.org (T.M.); wolchokj@mskcc.org (J.D.W.)

* These authors contributed equally to this work.

要約
制御性T細胞(Treg細胞)は、抗原特異的CD8+ T細胞による腫瘍細胞の死滅を阻害することによって抗腫瘍免疫を抑制する。関連する機構について理解を深めるために、われわれは、分離されたB16メラノーマ腫瘍のex vivoでの3次元コラーゲン・フィブリンゲル培養を使用した。この系は、抗メラノーマ免疫のin vivoでの抑制を再現しており、分離された腫瘍細胞は活性化型抗原特異的T細胞との共培養による死滅に対して抵抗性を示した。Treg細胞枯渇マウスから切除された腫瘍をこの系で培養しても、免疫抑制は認められなかった。中和抗体を用いた実験では、トランスフォーミング増殖因子β(TGF-β)を遮断した場合にも免疫抑制は阻止されることが示された。コラーゲン・フィブリンゲル培養由来の可溶性因子ではT細胞による腫瘍細胞の死滅は阻害されなかったことから、免疫抑制は、細胞と細胞の接触または細胞の近接に依存した。さらに、生体内2光子顕微鏡による観察では、マウスにおいて腫瘍特異的Pmel-1エフェクターT細胞が腫瘍常在Treg細胞と物理的に相互作用することが示された。B16腫瘍から単離されたTreg細胞単独でも、CD8+ T細胞による死滅を抑制するには十分であり、この抑制はTreg細胞上の表面結合型TGF-βに依存した。CD8+ T細胞の免疫抑制は、細胞溶解性タンパク質グランザイムBの存在量の減少および免疫チェックポイント受容体であるプログラム細胞死タンパク質1(PD-1)の細胞表面存在量の増加と相関を示した。これらの知見は、腫瘍微小環境でTreg細胞と抗腫瘍T細胞とが接触すると、TGF-βに依存的に抗メラノーマ免疫を阻害することを示唆しており、腫瘍内Treg細胞の阻害が治療につながる可能性を浮き彫りにしている。

Citation: S. Budhu, D. A. Schaer, Y. Li, R. Toledo-Crow, K. Panageas, X. Yang, H. Zhong, A. N. Houghton, S. C. Silverstein, T. Merghoub, J. D. Wolchok, Blockade of surface-bound TGF-β on regulatory T cells abrogates suppression of effector T cell function in the tumor microenvironment. Sci. Signal. 10, eaak9702 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年8月29日号

Editor's Choice

RMS治療のためのエピジェネティックな戦略

Research Article

プロテインキナーゼN3はWnt5a-Ror2シグナル伝達に応答して破骨細胞による骨吸収を促進する

腫瘍微小環境において制御性T細胞表面結合型TGF-βを遮断するとエフェクターT細胞の機能抑制が解除される

マスター病原性調節因子PhoPの酸性pHでの活性化はサルモネラ特異的タンパク質UgtLを必要とする

最新のResearch Article記事

2017年10月31日号

マウス造血細胞の内在性レチノイドX受容体リガンド

MARK3によるARHGEF2のリン酸化は微小管をアクチン細胞骨格に結合させ細胞極性を確立する

2017年10月24日号

ショウジョウバエにおいて足場タンパク質Cnkは受容体チロシンキナーゼAlkに結合し内臓ファウンダー細胞の特異化を促進する

セラミドは一次繊毛におけるTGF-β受容体I/IIの輸送とシグナル伝達を阻害して細胞遊走と腫瘍転移を減弱させる

TCR刺激性の細胞表面CD46発現の変化が1型制御性T細胞を生成する