• ホーム
  • RNA編集酵素ADARはFAKを安定化することによって肺腺がんの遊走と浸潤を促進する

RNA編集酵素ADARはFAKを安定化することによって肺腺がんの遊走と浸潤を促進する

The RNA-editing enzyme ADAR promotes lung adenocarcinoma migration and invasion by stabilizing FAK

Research Article

Sci. Signal. 19 Sep 2017:
Vol. 10, Issue 497, eaah3941
DOI: 10.1126/scisignal.aah3941

Elianna M. Amin1, Yuan Liu1, Su Deng1, Kay See Tan2, Neel Chudgar1, Marty W. Mayo3, Francisco Sanchez-Vega2, Prasad S. Adusumilli1, Nikolaus Schultz2, and David R. Jones1,*

1 Department of Surgery, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, New York, NY 10065, USA.
2 Department of Epidemiology and Biostatistics, Memorial Sloan Kettering Cancer Center, New York, NY 10065, USA.
3 Department of Biochemistry and Molecular Genetics, University of Virginia, Charlottesville, VA 22908, USA.

* Corresponding author. Email: jonesd2@mskcc.org

要約
大規模なゲノムワイド解析により、がんにおいてはRNA結合タンパク質が変化することが報告されているが、これらのタンパク質が腫瘍の進行を制御する仕組みは不明である。われわれは、RNA編集タンパク質ADAR(二本鎖RNA特異的アデノシンデアミナーゼ)が、接着斑キナーゼ(FAK)をコードする転写物を安定化する能力によって、肺腺がん(LUAD)進行の促進因子として作用することを見出した。I期LUAD患者802例から得た検体において、ADARのmRNAレベルおよびタンパク質レベルでの存在量増加に、腫瘍再発との相関が認められた。LUAD細胞においてADARをノックダウンすると、培養下での間葉系の性質、遊走、浸潤が抑制された。LUAD細胞の遺伝子発現パターンの解析により、細胞遊走経路に関与する遺伝子サブセットの、ADARに関連したエンリッチメントが同定された。これらの遺伝子の中で、ADAR存在下で発現が増加したFAK はもっとも注目すべき遺伝子である。分子解析により、ADARは、FAK転写物に結合し、特異的なイントロン部位を編集してFAK mRNAの安定化を促進することによって、FAKタンパク質の存在量を転写後に増加させることが明らかになった。FAKを薬理学的に阻害すると、LUAD細胞のADAR誘導性の浸潤活性が阻害されたことから、この方法をADAR存在量が高いLUADの治療に応用できる可能性が示唆された。

Citation: E. M. Amin, Y. Liu, S. Deng, K. S. Tan, N. Chudgar, M. W. Mayo, F. Sanchez-Vega, P. S. Adusumilli, N. Schultz, D. R. Jones, The RNA-editing enzyme ADAR promotes lung adenocarcinoma migration and invasion by stabilizing FAK. Sci. Signal. 10, eaah3941 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年9月19日号

Editor's Choice

ハイライト:がんにおけるRNA結合タンパク質

Research Article

RNA編集酵素ADARはFAKを安定化することによって肺腺がんの遊走と浸潤を促進する

筋小胞体の基礎をなす微小管構造が近接膜カップリング部位を支持して平滑筋の収縮性を調節する

TALK-1チャンネルがβ細胞小胞体のCa2+ホメオスタシスを制御する

最新のResearch Article記事

2017年9月26日号

末梢血NK細胞のTim-3シグナル伝達が母体胎児間の免疫寛容を促進し流産を抑制する

アダプターGadsの二量体化はアダプターLATへのGadsの協同的結合を昂進させることにより抗原受容体シグナル伝達を促進する

2017年9月19日号

RNA編集酵素ADARはFAKを安定化することによって肺腺がんの遊走と浸潤を促進する

筋小胞体の基礎をなす微小管構造が近接膜カップリング部位を支持して平滑筋の収縮性を調節する

TALK-1チャンネルがβ細胞小胞体のCa2+ホメオスタシスを制御する