• ホーム
  • RhoBは移動Tリンパ球においてLFA-1のRab11によるリサイクルと表面再提示を制御する

RhoBは移動Tリンパ球においてLFA-1のRab11によるリサイクルと表面再提示を制御する

RhoB controls the Rab11-mediated recycling and surface reappearance of LFA-1 in migrating T lymphocytes

Research Article

Sci. Signal. 12 Dec 2017:
Vol. 10, Issue 509, eaai8629
DOI: 10.1126/scisignal.aai8629

Malin Samuelsson1, Katarzyna Potrzebowska1, Janne Lehtonen1, Jason P. Beech2, Ekatarina Skorova1, Heli Uronen-Hansson1, and Lena Svensson1,3,*

1 Department of Experimental Medical Science, Lund University, SE-22184 Lund, Sweden.
2 Department of Solid State Physics, Lund University, SE-22184 Lund, Sweden.
3 The School of Medical Sciences, Örebro University, SE-70182 Örebro, Sweden.

* Corresponding author. Email: lena_m.svensson@med.lu.se

要約
細胞接着と運動性の調節は複雑であり、特に速く移動する細胞、たとえば白血球においては、細胞接着部位からと細胞接着部位へのインテグリンの細胞内輸送が必要とされる。グアノシントリホスファターゼ(GTPアーゼ)のRabファミリーは、小胞輸送に必須であり、小胞は、細胞内インテグリン輸送を媒介する。われわれは、RhoBが、移動するTリンパ球において微小管ネットワークに沿ったインテグリンLFA-1の小胞輸送を調節することを示した。RhoBの機能阻害は、移動するTリンパ球の後部にLFA-1およびリサイクリングエンドソームマーカーRab11の両方を蓄積させ、これらの分子間の結合を減少させた。機能的RhoBを欠くTリンパ球は、リサイクルの障害を示し、続いてLFA-1の表面量を減少させ、細胞接着分子ICAM-1(細胞間接着分子-1)により媒介されるT細胞の接着および移動を減少させた。われわれは、小胞結合RhoBが、Tリンパ球の運動性に必要な事象である、LFA-1の細胞表面へのRab11によるリサイクルの調節因子であることを提唱する。

Citation: M. Samuelsson, K. Potrzebowska, J. Lehtonen, J. P. Beech, E. Skorova, H. Uronen-Hansson, L. Svensson, RhoB controls the Rab11-mediated recycling and surface reappearance of LFA-1 in migrating T lymphocytes. Sci. Signal. 10, eaai8629 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年12月12日号

Editor's Choice

Ca2+サイクリングによって熱を産生する

Research Article

加齢によってヒト単球でのインターフェロン誘導に必要な一次・二次RIG-Iシグナル伝達が両方とも損なわれる

RhoBは移動Tリンパ球においてLFA-1のRab11によるリサイクルと表面再提示を制御する

ヒト骨髄腫においてC反応性タンパク質はCD32-p38 MAPK-Twist軸を通して骨破壊を促進する

最新のResearch Article記事

2018年4月10日号

酸素感知FixL-FixJ二成分シグナル伝達系の完全な構造

mTORC1が二孔チャネルTPC2を通したリソソームからのCa2+放出を制御する

キナーゼp38およびJNKの核移行は炎症誘発性がんを促進する

IL-15受容体のナノスケールでの再構築がNKG2Dによってリガンド依存的に誘導される

2018年4月3日号

ノシセプチン受容体は軸索再生と脊髄損傷からの回復を阻害する