• ホーム
  • 細胞内ピリジン5′-ヌクレオチダーゼNT5C3Aはインターフェロンおよびサイトカインシグナル伝達における負のエピジェネティック因子である

細胞内ピリジン5′-ヌクレオチダーゼNT5C3Aはインターフェロンおよびサイトカインシグナル伝達における負のエピジェネティック因子である

The intracellular pyrimidine 5′-nucleotidase NT5C3A is a negative epigenetic factor in interferon and cytokine signaling

Research Article

Sci. Signal. 20 Feb 2018:
Vol. 11, Issue 518, eaal2434
DOI: 10.1126/scisignal.aal2434

Latifa Al-Haj and Khalid S. A. Khabar*

King Faisal Specialist Hospital and Research Centre, Riyadh 11211, Saudi Arabia.

* Corresponding author. Email: khabar@kfshrc.edu.sa

要約

ヌクレオチドの異化を媒介する酵素であるピリジン5′-ヌクレオチダーゼ(NT5C3A)は、血球に限局していると以前は考えられていた。われわれは、NT5C3Aをコードする遺伝子の発現が、複数の細胞種においてI型インターフェロン(IFN)により誘導されること、しかもNT5C3Aは核因子κB(NF-κB)経路の阻害を通じてサイトカイン産生を抑制することを明らかにした。NT5C3Aの発現は、イントロン内のIFNにより刺激される応答エレメント、並びにIFNにより刺激される転写因子IRF1を必要とした。NT5C3Aの過剰発現はHEK293細胞によるIL-8産生を抑制したが、その触媒変異体の過剰発現はそれを抑制しなかった。NT5C3Aのノックダウンは、腫瘍壊死因子(TNF)により刺激されたIL-8産生を亢進したが、iIFNを介したIl8の発現抑制を減弱させた。NT5C3Aの過剰発現はNAD+の存在量を増加させ、NAD+依存性脱アセチル化酵素であるサーチュインSIRT1およびSIRT6の活性化を亢進した。NT5C3Aによりサーチュイン活性が刺激されることで、ヒストンH3およびNF-κBサブユニットRelA(別名p65)(これらはいずれも、Il8プロモーターの近位領域で会合している)の脱アセチル化に至り、それによりIl8の転写を抑制した。まとめるとこれらのデータから、NT5C3Aの触媒活性に依存し、炎症性サイトカインシグナル伝達の負のフィードバック制御因子としての働く抗炎症経路が同定された。

Citation: L. Al-Haj, K. S. A. Khabar, The intracellular pyrimidine 5′-nucleotidase NT5C3A is a negative epigenetic factor in interferon and cytokine signaling. Sci. Signal. 11, eaal2434 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年2月20日号

Editor's Choice

代謝に死を宣告される

Research Article

AblとArgがシステインカテプシンの分泌を調節してメラノーマの浸潤と転移を促進する

植物の気孔応答全体を調和させる:光ストレス時の迅速な葉間伝達

低カルシウム血症を引き起こすカルシウム感知受容体の変異が膜貫通性の塩橋を阻害して、β-アレスチン偏向性シグナル伝達を活性化する

細胞内ピリジン5′-ヌクレオチダーゼNT5C3Aはインターフェロンおよびサイトカインシグナル伝達における負のエピジェネティック因子である

最新のResearch Article記事

2018年4月10日号

酸素感知FixL-FixJ二成分シグナル伝達系の完全な構造

mTORC1が二孔チャネルTPC2を通したリソソームからのCa2+放出を制御する

キナーゼp38およびJNKの核移行は炎症誘発性がんを促進する

IL-15受容体のナノスケールでの再構築がNKG2Dによってリガンド依存的に誘導される

2018年4月3日号

ノシセプチン受容体は軸索再生と脊髄損傷からの回復を阻害する