• ホーム
  • 核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

Nuclear PTEN enhances the maturation of a microRNA regulon to limit MyD88-dependent susceptibility to sepsis

Research Article

Sci. Signal. 01 May 2018:
Vol. 11, Issue 528, eaai9085
DOI: 10.1126/scisignal.aai9085

Flavia Sisti1,*, Soujuan Wang1,*, Stephanie L. Brandt1,2,*, Nicole Glosson-Byers1, Lindsey D. Mayo3, Young Min Son1, Sarah Sturgeon2, Luciano Filgueiras1,4, Sonia Jancar4, Hector Wong5, Charles S. Dela Cruz6, Nathaniel Andrews6, Jose Carlos Alves-Filho7, Fernando Q. Cunha7, and C. Henrique Serezani1,2,†

1 Department of Microbiology and Immunology, Indiana University School of Medicine, Indianapolis, IN 46202, USA.
2 Division of Infectious Diseases, Department of Medicine, Vanderbilt University Medical Center, Nashville, TN 37232, USA.
3 Herman B Wells Center for Pediatric Research, Departments of Pediatrics and Biochemistry and Molecular Biology, Indiana University School of Medicine, Indianapolis, IN 46202, USA.
4 Department of Immunology, Institute of Biomedical Sciences, University of Sao Paulo, Sao Paulo 05508-000, Brazil.
5 Division of Critical Care Medicine, Cincinnati Children's Hospital Medical Center and Cincinnati Children's Hospital Research Foundation, Cincinnati, OH 45229, USA.
6 Section of Pulmonary and Critical Care Medicine, Department of Internal Medicine, Yale University School of Medicine, New Haven, CT 06520, USA.
7 Department of Pharmacology, Ribeirao Preto Medical School, University of Sao Paulo, Ribeirao Preto 14049-900, Brazil.

† Corresponding author. Email: h.serezan@vanderbilt.edu

* These authors contributed equally to this work.

要約

敗血症誘発性の臓器損傷は、全身性炎症反応症候群(SIRS)によって引き起こされ、重大な併存疾患をもたらす。したがって、炎症の抑制とSIRS発生の防止に利用できるような分子ブレーキを同定することが、医学的に重要である。われわれは、SIRSの抑制、微生物排除の促進、肺損傷の防止におけるホスファターゼ・テンシン・ホモログ(PTEN)の役割を検討した。敗血症患者と敗血症マウスにおいて、白血球のPTEN 発現の増加が認められた。敗血症の動物モデルでは、ミエロイド特異的なPten 欠失によって細菌負荷とサイトカイン産生が増加し、これらの増加は、ミエロイド分化一次応答遺伝子88(MyD88)の存在量増加に依存し、致死的であった。PTENを介するマイクロRNA(miRNA)miR125bおよびmiR203bの誘導により、MyD88存在量が低下した。機能喪失および獲得実験において、PTENは、miRNAプロセシング複合体の一部であるDrosha-Dgcr8に結合し、その核移行を促進することによって、miRNA産生を誘導することが示された。PTEN欠損マウス胚線維芽細胞を、核内に移行しない変異型PTENで再構成すると、Drosha-Dgcr8が細胞質内に保持され、成熟miRNAの産生が低下した。このようにわれわれは、MyD88産生を制限し、それによって敗血症関連死を防ぐ、核内PTEN介在性のmiRNA生成が関与する調節経路を同定した。

Citation: F. Sisti, S. Wang, S. L. Brandt, N. Glosson-Byers, L. D. Mayo, Y. M. Son, S. Sturgeon, L. Filgueiras, S. Jancar, H. Wong, C. S. Dela Cruz, N. Andrews, J. C. Alves-Filho, F. Q. Cunha, C. H. Serezani, Nuclear PTEN enhances the maturation of a microRNA regulon to limit MyD88- dependent susceptibility to sepsis. Sci. Signal. 11, eaai9085 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年5月1日号

Editor's Choice

小胞体ストレスががんを阻害するとき

Research Article

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

最新のResearch Article記事

2018年5月1日号

核内PTENはマイクロRNAレギュロンの成熟を促進し、敗血症のMyD88依存的感受性を制限する

VEGF-ニューロピリン-2シグナル伝達はRac GAP β2-キメリンのTAZ媒介性抑制によって乳がん細胞における幹様形質を促進する

IKKαとLC3の相互作用がTLR9含有LAPosomeを介してI型インターフェロン産生を促進する

モノラウリン酸グリセロールはLATとSLP-76ミクロクラスターとの結合を遮断することにより糸状仮足の形成を誘導する

2018年4月24日号

マイトファジーはパーキン依存性UCP1非依存性の機構を介してベージュ脂肪細胞維持を制御する