• ホーム
  • チャネル・キナーゼTRPM7はB細胞の抗原集結と内部移行を調節する

チャネル・キナーゼTRPM7はB細胞の抗原集結と内部移行を調節する

The channel-kinase TRPM7 regulates antigen gathering and internalization in B cells

Research Article

Sci. Signal. 05 Jun 2018:
Vol. 11, Issue 533, eaah6692
DOI: 10.1126/scisignal.aah6692

Mithunah Krishnamoorthy1, Laabiah Wasim2, Fathima Hifza Mohamed Buhari3, Tiantian Zhao2, Trisha Mahtani1, Josephine Ho3, Sohee Kang4, Francina Deason-Towne5,*, Anne-Laure Perraud5,†, Carsten Schmitz5,6,‡, and Bebhinn Treanor1,2,3,§

1 Department of Cell and Systems Biology, University of Toronto, 24 Harbord Street, Toronto, Ontario M5S 3G5, Canada.
2 Department of Immunology, University of Toronto, 1 King's College Circle, Toronto, Ontario M5S 1A8, Canada.
3 Department of Biological Sciences, University of Toronto Scarborough, 1265 Military Trail, Toronto, Ontario M1C 1A4, Canada.
4 Department of Computer and Mathematical Sciences, University of Toronto Scarborough, Toronto, Ontario M1C 1A4, Canada.
5 Department of Immunology and Microbiology, University of Colorado, Denver, CO 80206, USA.
6 Department of Biomedical Research, National Jewish Health, Denver, CO 80206, USA.

§ Corresponding author. Email: bebhinn.treanor@utoronto.ca

* Present address: Rocky Vista University, 8401 South Chambers Road, Parker, CO 80134, USA.

† Present address: Bioniz, 5 Mason #275, Irvine, CA 92618, USA.

‡ Present address: Eli Lilly Biotechnology Center, 10290 Campus Point Drive, San Diego, CA 92121, USA.

要約

一過性受容器電位(TRP)ファミリーに属するイオンチャネルは、数多くの生理学的過程と病理学的過程に関与する細胞センサーである。われわれは、これまでに特徴づけられていないB細胞活性化調節因子として、TRPサブファミリーMメンバー7(TRPM7)チャネル・キナーゼを同定した。そして、TRPM7がB細胞活性化の初期段階でイオンチャネル機能とキナーゼ機能の両方を介して重要な役割を担うことを示した。TRPM7欠損型DT40 B細胞、またはキナーゼ欠損型TRPM7変異体を発現するDT40 B細胞では、抗原収集の欠損とB細胞受容体(BCR)シグナル伝達の延長がみられた。TRPM7欠損型細胞でも、キナーゼ欠損型TRPM7変異体発現細胞でも、脂質代謝に変化がみられたことから、われわれはPLC-γ2がTRPM7のキナーゼ活性の標的である可能性を提唱する。TRPM7発現量の少ないプライマリーB細胞、またはTRPM7の薬理学的阻害剤で処理されたプライマリーB細胞でも、抗原集結の欠損とBCRシグナル伝達の亢進がみられた。さらに、われわれは、TRPM7機能を阻害すると抗原の内部移行とT細胞に対する提示が損なわれることを示した。これらのデータは、TRPM7がB細胞の親和性成熟と高親和性抗体の産生に必要不可欠な過程を調節することを示唆している。

Citation: M. Krishnamoorthy, L. Wasim, F. H. M. Buhari, T. Zhao, T. Mahtani, J. Ho, S. Kang, F. Deason-Towne, A.-L. Perraud, C. Schmitz, B. Treanor, The channel-kinase TRPM7 regulates antigen gathering and internalization in B cells. Sci. Signal. 11, eaah6692 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年6月5日号

Research Article

イオンチャネルTRPM7はB細胞リンパ球新生に必要である

チャネル・キナーゼTRPM7はB細胞の抗原集結と内部移行を調節する

Lglは、Vap33とV-ATPアーゼ複合体の相互作用を促進することにより、エンドソーム小胞酸性化およびNotchシグナル伝達を抑制する

K63結合型ポリユビキチン鎖はDNAと結合してDNA損傷修復を促進する

最新のResearch Article記事

2018年6月5日号

イオンチャネルTRPM7はB細胞リンパ球新生に必要である

チャネル・キナーゼTRPM7はB細胞の抗原集結と内部移行を調節する

Lglは、Vap33とV-ATPアーゼ複合体の相互作用を促進することにより、エンドソーム小胞酸性化およびNotchシグナル伝達を抑制する

K63結合型ポリユビキチン鎖はDNAと結合してDNA損傷修復を促進する

2018年5月29日号

トロンボスポンジン1はコラーゲンおよびリジルオキシダーゼの前駆体やコラーゲン架橋結合部位と相互作用することによってマトリックスの恒常性維持を促進する