• ホーム
  • Lglは、Vap33とV-ATPアーゼ複合体の相互作用を促進することにより、エンドソーム小胞酸性化およびNotchシグナル伝達を抑制する

Lglは、Vap33とV-ATPアーゼ複合体の相互作用を促進することにより、エンドソーム小胞酸性化およびNotchシグナル伝達を抑制する

Lgl reduces endosomal vesicle acidification and Notch signaling by promoting the interaction between Vap33 and the V-ATPase complex

Research Article

Sci. Signal. 05 Jun 2018:
Vol. 11, Issue 533, eaar1976
DOI: 10.1126/scisignal.aar1976

Marta Portela1,2,3, Liu Yang4,*, Sayantanee Paul4, Xia Li5, Alexey Veraksa4, Linda M. Parsons2,6,†,‡, and Helena E. Richardson1,2,7,‡,§

1 Department of Biochemistry and Genetics, La Trobe Institute for Molecular Science, La Trobe University, Melbourne, Victoria 3086, Australia.
2 Cell Cycle and Development Laboratory, Peter MacCallum Cancer Centre, Melbourne, Victoria 3002, Australia.
3 Department of Molecular, Cellular and Developmental Neurobiology, Cajal Institute, Avenida Doctor Arce, 37, Madrid 28002, Spain.
4 Department of Biology, University of Massachusetts, Boston, MA 02125, USA.
5 Department of Mathematics and Statistics, La Trobe University, Melbourne, Victoria 3086, Australia.
6 Department of Anatomy and Neuroscience, University of Melbourne, Melbourne, Victoria 3010, Australia.
7 Sir Peter MacCallum Department of Oncology, Department of Anatomy and Neuroscience, Department of Biochemistry and Molecular Biology, University of Melbourne, Melbourne, Victoria 3010, Australia.

§ Corresponding author. Email: h.richardson@latrobe.edu.au

* Present address: Lewis-Sigler Institute for Integrative Genomics, Princeton University, Princeton, NJ 08544, USA.

† Present address: School of Biological Sciences, Monash University, Clayton, Victoria 3800, Australia.

‡ These author contributed equally to this work as co-senior authors.

要約

上皮細胞の極性は組織増殖および腫瘍形成と関連がある。腫瘍抑制因子および細胞極性タンパク質であるlethal-2-giant larvae(Lgl)は、キイロショウジョウバエにおいて、Hippoシグナル伝達を促進し、Notchシグナル伝達を阻害することにより、組織増殖を制限する。Notchシグナル伝達は、エンドソーム小胞酸性化の亢進により、γセクレターゼによるNotchのタンパク質分解プロセシングおよび酸性化が促進されるため、lgl変異体組織の方が野生型組織よりも亢進している。本研究では、lgl変異体組織におけるNotchシグナル伝達亢進および組織増殖障害は、液胞型アデノシントリホスファターゼ(V-ATPアーゼ)が媒介するエンドソーム小胞酸性化に依存することを明らかにした。LglはVap33(33 kDaのVAMP結合タンパク質)と相互作用することにより、V-ATPアーゼの活性を促進した。Vap33は物理的および遺伝学的にLglおよびV-ATPアーゼのサブユニットと相互作用し、V-ATPアーゼ介在エンドソーム小胞酸性化およびNotchシグナル伝達を抑制した。Vap33の過剰発現によって、V-ATPアーゼの構成要素Vha44の存在量が減少し、一方、Lglのノックダウンによって、Vap33とV-ATPアーゼの構成要素Vha68-3との結合が低減した。本研究のデータから、LglはVap33とV-ATPアーゼの結合を促進することによって、V-ATPアーゼ介在エンドソーム小胞酸性化を阻害し、それによって、γセクレターゼ活性、Notchシグナル伝達および組織増殖を低下させることが示された。これらの所見は、極性を損なった上皮がんにVap33およびV-ATPアーゼ活性の脱調節が関与していることを示唆している。

Citation: M. Portela, L. Yang, S. Paul, X. Li, A. Veraksa, L. M. Parsons, H. E. Richardson, Lgl reduces endosomal vesicle acidification and Notch signaling by promoting the interaction between Vap33 and the V-ATPase complex. Sci. Signal. 11, eaar1976 (2018).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年6月5日号

Research Article

イオンチャネルTRPM7はB細胞リンパ球新生に必要である

チャネル・キナーゼTRPM7はB細胞の抗原集結と内部移行を調節する

Lglは、Vap33とV-ATPアーゼ複合体の相互作用を促進することにより、エンドソーム小胞酸性化およびNotchシグナル伝達を抑制する

K63結合型ポリユビキチン鎖はDNAと結合してDNA損傷修復を促進する

最新のResearch Article記事

2018年6月5日号

イオンチャネルTRPM7はB細胞リンパ球新生に必要である

チャネル・キナーゼTRPM7はB細胞の抗原集結と内部移行を調節する

Lglは、Vap33とV-ATPアーゼ複合体の相互作用を促進することにより、エンドソーム小胞酸性化およびNotchシグナル伝達を抑制する

K63結合型ポリユビキチン鎖はDNAと結合してDNA損傷修復を促進する

2018年5月29日号

トロンボスポンジン1はコラーゲンおよびリジルオキシダーゼの前駆体やコラーゲン架橋結合部位と相互作用することによってマトリックスの恒常性維持を促進する