• ホーム
  • GβγはGSK3を活性化し、LRP6を介するβ-カテニンの転写活性を促進する

GβγはGSK3を活性化し、LRP6を介するβ-カテニンの転写活性を促進する

Gβγ Activates GSK3 to Promote LRP6-Mediated β-Catenin Transcriptional Activity

Research Article

Sci. Signal., 11 May 2010
Vol. 3, Issue 121, p. ra37
[DOI: 10.1126/scisignal.2000647]

Kristin K. Jernigan1*, Christopher S. Cselenyi1*, Curtis A. Thorne1, Alison J. Hanson1, Emilios Tahinci1, Nicole Hajicek2,3, William M. Oldham4, Laura A. Lee1, Heidi E. Hamm4, John R. Hepler5, Tohru Kozasa2,3, Maurine E. Linder6, and Ethan Lee1,7†

1 Department of Cell and Developmental Biology, Vanderbilt University Medical Center, Nashville, TN 37232, USA.
2 Department of Pharmacology, University of Illinois, Chicago, IL 60612, USA.
3 Research Center for Advanced Science and Technology, University of Tokyo, Tokyo 153-8904, Japan.
4 Department of Pharmacology, Vanderbilt University Medical Center, Nashville, TN 37232, USA.
5 Department of Pharmacology, Emory University School of Medicine, Atlanta, GA 30322, USA.
6 Department of Molecular Medicine, Cornell University, Ithaca, NY 14853, USA.
7 Vanderbilt Ingram Cancer Center, Vanderbilt University, Nashville, TN 37232, USA.

* These authors contributed equally to this work.

† To whom correspondence should be addressed. E-mail: ethan.lee@vanderbilt.edu

要約:ショウジョウバエ(Drosophila)および培養細胞の研究から、Wntシグナル 伝達におけるヘテロ三量体グアノシン三リン酸(GTP)結合タンパク質(Gタンパク質)の役割を支持する証拠が得られている。Wntは、転写調節因子であ るβ-カテニンの分解を抑制する。われわれは、β-カテニンの分解を再構成するアフリカツメガエル(Xenopus)卵抽出系において、Gタンパク質の主要ファミリーのαおよびβγサブユニットをスクリーニングした。そしてGα0、Gαq、Gαi2、Gβγがβ-カテニンの分解を抑制することを見出した。Gβ1γ2は、グリコーゲンシンターゼキナーゼ3(GSK3)を膜へとリクルートし、GSK3のキナーゼ活性を亢進させることによって、Wntの共受容体である低密度リポタンパク質受容体関連タンパク質6(LRP6)のリン酸化と活性化を促進した。レポーター遺伝子アッセイとin vivoアッ セイの両方で、Gβγの抑制因子であるc-βARK(C-terminal domain of β-adrenergic receptor kinase、β-アドレナリン受容体キナーゼのC末端ドメイン)がLRP6の活性を遮断した。Wnt-β-カテニン経路の複数の構成要素(Gβ1γ2、 LRP6、GSK3、axin、dishevelled)が複合体を形成した。われわれは、活性化されたGタンパク質から放出される遊離型Gβγおよび Gαサブユニットが協同的に作用して、β-カテニンの分解を抑制し、β-カテニンを介する転写を活性化することを提唱する。

K. K. Jernigan, C. S. Cselenyi, C. A. Thorne, A. J. Hanson, E. Tahinci, N. Hajicek, W. M. Oldham, L. A. Lee, H. E. Hamm, J. R. Hepler, T. Kozasa, M. E. Linder, E. Lee, Gβγ Activates GSK3 to Promote LRP6-Mediated β-Catenin Transcriptional Activity. Sci. Signal. 3, ra37 (2010).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2010年5月11日号

Editor's Choice

生理学
銅供給の維持

Research Article

免疫シナプスにおけるシナプス下小胞と表面マイクロクラスターの動態

GβγはGSK3を活性化し、LRP6を介するβ-カテニンの転写活性を促進する

Perspectives

免疫シナプスにおけるT細胞の活性化:その後のシグナル伝達のために小胞が現れる

最新のResearch Article記事

2014年10月28日号

キナーゼALKは神経芽細胞腫においてキナーゼERK5を刺激し、がん遺伝子MYCNの発現を促進する

ハンチンチンはハンチントン病の発症においてmTORC1シグナル伝達を促進する

2014年10月21日号

ナイーブCD8+T細胞においてプロテインキナーゼD2はT細胞受容体刺激によるジアシルグリセロールシグナリング伝達のデジタル増幅因子である

心筋細胞のRhoAシグナル伝達は、ストレス誘導性心不全から保護するが、心臓線維症を促進する

Notchシグナル伝達は細胞分裂前に作用し神経前駆細胞の非対称分裂と細胞運命決定を促す