• ホーム
  • タンパク質アルギニンメチルトランスフェラーゼ5はCRAFを介してERK1/2シグナル伝達の大きさと細胞運命を調節する

タンパク質アルギニンメチルトランスフェラーゼ5はCRAFを介してERK1/2シグナル伝達の大きさと細胞運命を調節する

Protein Arginine Methyltransferase 5 Regulates ERK1/2 Signal Transduction Amplitude and Cell Fate Through CRAF

Research Article

Sci. Signal., 13 September 2011
Vol. 4, Issue 190, p. ra58
[DOI: 10.1126/scisignal.2001936]

Pedro Andreu-Perez1, Rosaura Esteve-Puig1, Carlos de Torre-Minguela1*, Marta Lopez-Fauqued1, Joan Josep Bech-Serra2, Stephan Tenbaum3, Elena R. Garcia-Trevijano4†, Francesc Canals2, Glenn Merlino5, Matias A. Avila4, and Juan A. Recio1‡

1 Mouse Models and Cancer Laboratory, Anatomy Pathology Department, Vall d’Hebron Research Institute, Barcelona 08035, Spain.
2 Proteomic Laboratory, Medical Oncology Research Program, Vall d’Hebron Research Institute-VHIO, Barcelona 08035, Spain.
3 Cancer Stem Cells Laboratory, Medical Oncology Research Program, Vall d’Hebron Research Institute?VHIO, Barcelona 08035, Spain.
4 Division of Hepatology and Gene Therapy, Center for Applied Medical Research, University of Navarra, Pamplona 31008, Spain.
5 Laboratory of Cancer Biology and Genetics, National Cancer Institute, National Institutes of Health, Bethesda, MD 20892-4264, USA.

* Present address: Hospital Arrixaca, Murcia 30120, Spain.

† Present address: Department of Biochemistry and Molecular Biology, School of Medicine, Universidad de Valencia, Valencia 46010, Spain.

‡ To whom correspondence should be addressed. E-mail: juan.recio@vhir.org

要約:細胞の増殖、分化、生存にはRASから細胞外シグナル制御キナーゼ(ERK)へのシグ ナル伝達カスケードが欠かせない。多数の増殖因子がRAS‐ERK経路を活性化するが、これらがERKシグナルの大きさや持続性に及ぼす影響はそれぞれ異 なる。したがって、生物学的結果も異なる。例えば、PC12細胞内で上皮増殖因子(EGF)よりも大きくて長時間にわたるERKリン酸化の亢進を誘発する 神経成長因子は、PC12細胞の分化を促進するのに対して、EGFはPC12細胞の増殖を促進する。本稿では、タンパク質のアルギニンメチル化が、多様な 生物種由来の異なる細胞種において、特定の増殖因子によって惹起されるERK1/2のシグナルを制限していることを示す。われわれは、ERK1/2のリン 酸化のこのような制限は、タンパク質アルギニンメチルトランスフェラーゼ5(PRMT5)によるRAFタンパク質のメチル化に依存することを見いだした。 PRMT5依存的メチル化は、活性型のCRAFとBRAFの分解を促進することによって、触媒活性を低下させた。PRMT5活性の阻害またはメチル化され ないRAF変異体の発現は、増殖因子に応答するERKのリン酸化の程度や持続性に影響を及ぼすだけでなく、EGFに対するPC12細胞の応答を増殖から分 化へと方向転換させた。RAS経路内でのこのように補助的なレベルでの調節は、治療介入の新たな標的の同定につながると考えられる。

P. Andreu-Perez, R. Esteve-Puig, C. de Torre-Minguela, M. Lopez-Fauqued, J. J. Bech-Serra, S. Tenbaum, E. R. Garcia-Trevijano, F. Canals, G. Merlino, M. A. Avila, J. A. Recio, Protein Arginine Methyltransferase 5 Regulates ERK1/2 Signal Transduction Amplitude and Cell Fate Through CRAF. Sci. Signal. 4, ra58 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年9月13日号

Editor's Choice

カルシウムシグナル伝達
心臓線維での引っ張り

Research Article

タンパク質アルギニンメチルトランスフェラーゼ5はCRAFを介してERK1/2シグナル伝達の大きさと細胞運命を調節する

T細胞受容体シグナル伝達における基本的なLck依存性現象をフィードバック回路がモニターして調整する

Perspectives

Met受容体:動く標的

Teaching Resources

システム生物学―生物医学的モデリング

最新のResearch Article記事

2014年9月9日号

アブシジン酸の刺激による部位およびキナーゼ特異的なリン酸化を介した孔辺細胞の陰イオンチャネルSLAC1の活性化

硫化水素による内皮型一酸化窒素合成酵素のS-スルフヒドリル化、S-ニトロシル化、およびリン酸化の調整

2014年9月2日号

全身性硬化症および繊維症において酸化的DNA損傷はATMによるWnt阻害因子WIF-1の転写抑制を誘導する

TATA結合タンパク質のリン酸化がブルセイトリパノソーマ(Trypanosoma brucei)のスプライスリーダーサイレンシング経路を活性化する

2014年8月26日号

セマフォリン3AはグアノシントリホスファターゼRab5を活性化させて成長円錐の崩壊を促進し脳梁の軸索突起を形成する