• ホーム
  • メバロン酸代謝によるTリンパ球の制御

メバロン酸代謝によるTリンパ球の制御

T lymphocyte regulation by mevalonate metabolism

Reviews

Sci. Signal., 31 March 2015
Vol. 8, Issue 370, p. re4
DOI: 10.1126/scisignal.2005970

Martin Thurnher* and Georg Gruenbacher

Immunotherapy Unit, Department of Urology, Medical University of Innsbruck and Oncotyrol, K1 Center for Personalized Cancer Medicine, 6020 Innsbruck, Austria.

* Corresponding author. E-mail: martin.thurnher@i-med.ac.at

要約  代謝要求量が少ない休止期のTリンパ球は、酸化的リン酸化(OXPHOS)を利用してそのATP産生を最大にしているが、活性化T細胞は腫瘍細胞と同様、代謝活性を、メバロン酸代謝も刺激する好気的解糖に移行させている。メバロン酸のステロール誘導体および非ステロール誘導体はいずれも、T細胞の機能に影響する。様々なクラスの転写因子により動的に制御されているステロールの細胞内利用能は、T細胞応答を調節する代謝チェックポイントである。イソプレノイドという膜アンカーにより修飾される電子運搬体ユビキノンは、T細胞の増殖を支持するOXPHOSにおいて重要な役割を果たしている。イソプレニル化は、T細胞の免疫シナプス形成、遊走、増殖および細胞傷害性エフェクター応答に関与するRas、RhoおよびRabといったグアノシントリホスファターゼの、原形質膜への結合も媒介している。最後に、複数のリン酸化されたメバロン酸誘導体は自然免疫様γδT細胞に対する危険なシグナルとして働き、したがってストレス、病原体および腫瘍の免疫監視に寄与する可能性がある。われわれは、エフェクターT細胞および制御性T細胞の代謝の再プログラミングにおける、メバロン酸経路の重要性を浮き彫りにした。

M. Thurnher and G. Gruenbacher, T lymphocyte regulation by mevalonate metabolism. Sci. Signal. 8, re4 (2015).

 

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2015年3月31日号

Editor's Choice

免疫学
転写因子Soxは細菌DNAを検出する

Research Article

PTENはPREX2によって触媒されるRAC1活性化を阻害して腫瘍細胞の浸潤を抑制する

Gタンパク質共役受容体である嗅覚受容体のサブセットによるケタミンの分子認識

Reviews

メバロン酸代謝によるTリンパ球の制御

最新のReviews記事

2017年8月22日号

アダプター分子RIAMは免疫機能およびがん進行のインテグリン媒介制御に重要なシグナル伝達事象を統合する

2017年8月15日号

インターロイキン-36サイトカインはインターロイキン-1ファミリーシグナル伝達を阻害する微生物免疫回避機構を克服しうる

2017年2月28日号

オートファジーからの逆行性シグナル伝達がストレス応答を調節する

2016年6月14日号

生物学的データをクラスタリングする際の一般的な落とし穴の回避

2016年6月7日号

セストリンによるTORC1の制御:セストリンはロイシンセンサーか?