• ホーム
  • インターロイキン-36サイトカインはインターロイキン-1ファミリーシグナル伝達を阻害する微生物免疫回避機構を克服しうる

インターロイキン-36サイトカインはインターロイキン-1ファミリーシグナル伝達を阻害する微生物免疫回避機構を克服しうる

Interleukin-36 cytokines may overcome microbial immune evasion strategies that inhibit interleukin-1 family signaling

Reviews

Sci. Signal. 15 Aug 2017:
Vol. 10, Issue 492, eaan3589
DOI: 10.1126/scisignal.aan3589

Liselotte E. Jensen

Department of Microbiology and Immunology, Temple University Lewis Katz School of Medicine, Philadelphia, PA 19140, USA. Email: liselott@temple.edu

要約
病原体は、宿主内で感染を成功させるために免疫回避機構を展開する。当然、宿主は、これらの機構に対抗するための機構を獲得することにより応答する。3つのインターロイキン36(IL-36)サイトカイン、IL-36α、IL-36βおよびIL-36γが宿主免疫において重要な役割を果たすという証拠が増えつつある。微生物およびウイルスの侵入標的として皮膚に焦点を当て、IL-36の機能に関する現在の知見を概説する。さらに、病原因子に対抗するためIL-36が進化したという仮説を、ウイルスを例として提示する。IL-36は、IL-1α、IL-1β、IL-18、およびIL-33に関連している。皮膚に影響する多くのウイルスは、IL-1α、IL-1β、またはIL-18シグナル伝達またはこれらの経路の組み合わせを中和する免疫回避機構を発達させている。活性化機構および受容体利用のわずかな違いにより、これらのウイルス由来の阻害物質の存在下でもIL-36シグナル伝達が妨害されずに進行する可能性がある。したがって、IL-36の1つの生理学的機能は、微生物の免疫回避に対抗することかもしれない。

Citation: L. E. Jensen, Interleukin-36 cytokines may overcome microbial immune evasion strategies that inhibit interleukin-1 family signaling. Sci. Signal. 10, eaan3589 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年8月15日号

Editor's Choice

新たなつながり:内皮細胞上のS1P1を理解し治療標的とする

Research Article

改変S1Pシャペロンが高血圧と虚血傷害を減弱する

アンドロゲン除去療法後のSPDEF活性の消失およびTGFBI活性の亢進が前立腺がんのEMTおよび骨転移を促進する

Reviews

インターロイキン-36サイトカインはインターロイキン-1ファミリーシグナル伝達を阻害する微生物免疫回避機構を克服しうる

最新のReviews記事

2017年8月15日号

インターロイキン-36サイトカインはインターロイキン-1ファミリーシグナル伝達を阻害する微生物免疫回避機構を克服しうる

2017年2月28日号

オートファジーからの逆行性シグナル伝達がストレス応答を調節する

2016年6月14日号

生物学的データをクラスタリングする際の一般的な落とし穴の回避

2016年6月7日号

セストリンによるTORC1の制御:セストリンはロイシンセンサーか?

2016年5月17日号

脂質の跡を追う:複数の細胞膜でPI3K機能によって開始されるシグナル