• ホーム
  • 腫瘍壊死因子スーパーファミリーシグナル伝達の構造原則

腫瘍壊死因子スーパーファミリーシグナル伝達の構造原則

Structural principles of tumor necrosis factor superfamily signaling

Reviews

Sci. Signal. 02 Jan 2018:
Vol. 11, Issue 511, eaao4910
DOI: 10.1126/scisignal.aao4910

Éva S. Vanamee and Denise L. Faustman*

Immunobiology Department, Massachusetts General Hospital and Harvard Medical School, Boston, MA 02129, USA.

* Corresponding author: Email: faustman@helix.mgh.harvard.edu

要約

腫瘍壊死因子(TNF)リガンドおよび受容体スーパーファミリーは、細胞の増殖、生存、死滅に重要な役割を果たす。TNFスーパーファミリーシグナル伝達経路の刺激または阻害は、がんや自己免疫、感染症などのさまざまな疾患の患者に治療効果をもたらすことが期待される。われわれは、TNFスーパーファミリーのリガンド、受容体、それらの相互作用の構造と幾何学に関する最新の知見を概説する。三量体リガンドと、それぞれが2つのリガンド単量体の界面で結合する3つの受容体が、シグナル伝達の基本単位を形成する。効率的なシグナル伝達のためには、複数の受容体サブユニットのクラスター形成が必要である。最新の報告から、受容体は、逆平行二量体から成る大きな六角構造で「シグナルを伝達しない」静止状態をとるように、細胞表面で前もって配置されていることが示唆されている。受容体の活性化にはリガンド結合が必要であり、架橋抗体は、受容体を安定化させ、それにより活性のシグナル伝達状態を維持する能力をもつ。一方、受容体の配置を逆平行二量体に固定するアンタゴニスト抗体は、シグナル伝達を効果的に遮断する。このモデルは、TNFシグナル伝達を標的とする、より効果的な療法の設計に役立つ可能性がある。

Citation: E. S. Vanamee, D. L. Faustman, Structural principles of tumor necrosis factor superfamilysignaling. Sci. Signal. 11, eaao4910 (2018)

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2018年1月2日号

Editor's Choice

新たなつながり:がんに対して免疫記憶を刺激する

Research Article

大腸がんマウスモデルにおいてTNFR2シグナル伝達の遮断はCpG ODNの免疫治療効果を高める

脱パルミトイル化酵素APT1は細胞分裂時のNotchおよびWntシグナル伝達の非対称な分配を指示する

小胞体シャペロンBiPは短命で、N末端アルギニル化を介して代謝される

Reviews

腫瘍壊死因子スーパーファミリーシグナル伝達の構造原則

最新のReviews記事

2018年1月2日号

腫瘍壊死因子スーパーファミリーシグナル伝達の構造原則

2017年12月5日号

HemITAM:非常に強力な単一チロシンモチーフ

2017年11月14日号

PKMζと記憶の維持の遺伝学

2017年8月22日号

アダプター分子RIAMは免疫機能およびがん進行のインテグリン媒介制御に重要なシグナル伝達事象を統合する

2017年8月15日号

インターロイキン-36サイトカインはインターロイキン-1ファミリーシグナル伝達を阻害する微生物免疫回避機構を克服しうる