• ホーム
  • アイソフォームおよび突然変異特異的RAS抗体の選択性および感受性の評価

アイソフォームおよび突然変異特異的RAS抗体の選択性および感受性の評価

Evaluation of the selectivity and sensitivity of isoform- and mutation-specific RAS antibodies

Research Resources

Sci. Signal. 26 Sep 2017:
Vol. 10, Issue 498, eaao3332
DOI: 10.1126/scisignal.aao3332

Andrew M. Waters1,2, Irem Ozkan-Dagliyan3, Angelina V. Vaseva1,4, Nicole Fer2, Leslie A. Strathern2, G. Aaron Hobbs1, Basile Tessier-Cloutier5, William K. Gillette2, Rachel Bagni2, Gordon R. Whiteley2, James L. Hartley2, Frank McCormick2,6, Adrienne D. Cox1,3,7, Peter J. Houghton4, David G. Huntsman5, Mark R. Philips8, and Channing J. Der1,3,*

1 Lineberger Comprehensive Cancer Center, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, NC 27599, USA.
2 National Cancer Institute RAS Initiative, Cancer Research Technology Program, Frederick National Laboratory for Cancer Research, Leidos Biomedical Research Inc., Frederick, MD 21702, USA.
3 Department of Pharmacology, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, NC 27599, USA.
4 Greehey Children's Cancer Research Institute, University of Texas Health Science Center at San Antonio, San Antonio, TX 78229, USA.
5 Department of Molecular Oncology, BC Cancer Research Centre, Vancouver, British Columbia V5Z 1L3, Canada.
6 UCSF Helen Diller Family Comprehensive Cancer Center, School of Medicine, University of California at San Francisco (UCSF), San Francisco, CA 94143, USA.
7 Department of Radiation Oncology, University of North Carolina at Chapel Hill, Chapel Hill, NC 27599, USA.
8 Perlmutter Cancer Institute, New York University School of Medicine, New York, NY 10016, USA.

* Corresponding author. Email: cjder@med.unc.edu

要約
がんにおける突然変異頻度が最も高い腫瘍性タンパク質ファミリーであるRASタンパク質を標的とする治療戦略の開発に強い関心がもたれている。腫瘍性細胞成長を支持するシグナル伝達イベントにおけるRASアイソフォーム特異的差異の理解が進めば、効果的な抗RAS治療の開発に役立つ。しかしこれらの取り組みを成功させるために解決すべき重要な問題が残っている。特に、実験データの正確な解釈には、十分にバリデートされた抗RAS抗体の使用が必須である。本研究では、22種類の市販抗RAS抗体について、異なる試薬および細胞株セットを用いて、目的のRASアイソフォームおよび変異体を認識する際の特異度および選択性を評価した。信頼度には大きな差があった。例えば、汎またはアイソフォーム選択的抗RAS抗体には目的の標的を十分に認識できないものや他に対する選択性の方が高いものがあった。ウェスタンブロッティングにおけるG12DおよびG12V変異体RASタンパク質の検出に有効なものはあったが、免疫蛍光染色法や免疫組織化学染色法に適用可能なものはなかった。また、腫瘍性タンパク質BRAFV600Eを発現している「Rasless」細胞の溶解物中の非特異的バンドを認識する抗体もあった。われわれは、バリデートされた抗体を用いて、RASアイソフォーム特異的siRNAおよびshRNAを特定した。これらの結果は、今後のRAS研究結果を正確に解釈する上で有用であろう。

Citation: A. M. Waters, I. Ozkan-Dagliyan, A. V. Vaseva, N. Fer, L. A. Strathern, G. A. Hobbs, B. Tessier-Cloutier, W. K. Gillette, R. Bagni, G. R. Whiteley, J. L. Hartley, F. McCormick, A. D. Cox, P. J. Houghton, D. G. Huntsman, M. R. Philips, C. J. Der, Evaluation of the selectivity and sensitivity of isoform- and mutation-specific RAS antibodies. Sci. Signal. 10, eaao3332 (2017).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signaling オリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2017年9月26日号

Editor's Choice

抗精神病薬から認知を保護する

Research Article

末梢血NK細胞のTim-3シグナル伝達が母体胎児間の免疫寛容を促進し流産を抑制する

アダプターGadsの二量体化はアダプターLATへのGadsの協同的結合を昂進させることにより抗原受容体シグナル伝達を促進する

Research Resources

アイソフォームおよび突然変異特異的RAS抗体の選択性および感受性の評価

最新のResearch Resources記事

2018年4月17日号

インターロイキン-2は細胞傷害性T細胞プロテオームおよび免疫環境感知プログラムを形作る

2018年3月6日号

cAMPr:環状AMPに対する単一波長蛍光センサー

2017年12月5日号

オキシトシンのわずかな修飾によって効力を維持したまま種を通じた選択性を改善するリガンドが生成される

2017年11月14日号

Affimer(Adhiron)技術を用いたSUMO-1およびSUMO-2/3媒介タンパク質間相互作用の特異的阻害剤の作製

2017年10月31日号

TLR4の定量的単一分子イメージングによってリガンド特異的な受容体の二量体化が明らかに