• ホーム
  • 誘導接近を制御するためのABA植物ストレス経路の遺伝子工学的改変

誘導接近を制御するためのABA植物ストレス経路の遺伝子工学的改変

Engineering the ABA Plant Stress Pathway for Regulation of Induced Proximity

Research Resources

Sci. Signal., 15 March 2011
Vol. 4, Issue 164, p. rs2
[DOI: 10.1126/scisignal.2001449]

Fu-Sen Liang1,2, Wen Qi Ho3, and Gerald R. Crabtree1,2*

1 Howard Hughes Medical Institute, Stanford University, Stanford, CA 94305, USA.
2 Departments of Pathology and Developmental Biology, Stanford University, Stanford, CA 94305, USA.
3 Program in Immunology, Stanford University, Stanford, CA 94305, USA.

* To whom correspondence should be addressed. E-mail: crabtree@stanford.edu

 

要約:化学的に誘導される接近(Chemically induced proximity:CIP)システムは、生物学的過程を調節し、研究するために、低分子と遺伝子工学的タンパク質を利用する。しかし、タンパク質の量と活性を調節するための低分子に基づくシステムは、毒性、不安定性、費用、in vivoにおける低分子のクリアランスの遅さによって制約されている。この問題に取り組むべく、われわれは、細胞タンパク質の接近を調節する植物のアブシジン酸(abscisic acid:ABA)ストレス応答経路のタンパク質を改変し、このシステムが、外因的に適用されるABAに応答する転写、シグナル伝達、細胞内におけるタンパク質の局在化の制御に利用可能であることを示した。また、ABA CIPシステムは、複数の過程を同時に調節するために他のCIPシステムと併用可能であることも示した。マウスに投与する場合、ABAは経口投与が可能で、半減期は4時間であった。これらの特性は、毒性がなく安価であることも考え合わせると、ABAが治療用途にも、in vivoにおける多様な細胞活性を調節するための実験ツールとしても、十分に適していることを示唆している。

F.-S. Liang, W. Q. Ho, G. R. Crabtree, Engineering the ABA Plant Stress Pathway for Regulation of Induced Proximity. Sci. Signal. 4, rs2 (2011).

英文原文をご覧になりたい方はScience Signalingオリジナルサイトをご覧下さい

英語原文を見る

2011年3月15日号

Editor's Choice

がん
治癒してがんになる

Research Article

LRP6はGαsの膜標的の調整を介してGタンパク質共役受容体によるcAMP産生を媒介する

Research Resources

誘導接近を制御するためのABA植物ストレス経路の遺伝子工学的改変

ヒト胚性幹細胞分化のプロテオームおよびリン酸化プロテオームのシステムワイドな時間特性解析

Perspectives

哺乳類における遺伝子誘導発現:植物がメニューに加わる

最新のResearch Resources記事

2016年4月19日号

コンピュータによる時空間解析によってWAVE2とコフィリンを共刺激に媒介されるT細胞アクチンの動態の共同調節因子として同定

2016年3月29日号

PLIF:タンパク質‐脂質相互作用を検出および定量評価する迅速かつ正確な方法

2016年3月15日号

遺伝子にコードされたプローブを用いたマウス酸化還元状態の組織検査

2015年12月1日号

タンパク質キナーゼの結晶における自己リン酸化複合体の三次元構造の同定

2015年10月13日号

有糸分裂細胞におけるプロテインホスファターゼPP6の新たな役割を定量的リン酸化プロテオミクスにより解明