カタログ請求

カタログ請求

その他

<配送のめやす>
 お申し込みから営業日で数日から7日間程度でお届けします。

<請求の手順>
 (1) 請求する資料をチェック
 (2) 画面下にある「カタログ請求フォームに進む」ボタンをクリック
 (3) フォームに必要事項を記入
 (4) 内容を確認のうえ送信
 (5) 完了

※海外への送付は行っておりませんのでご了承ください。

※冊子名にチェックがあるものはカタログ請求が可能です。

※複数の冊子を請求する場合、対象の冊子にチェックをつけて、
 ページ下部の「カタログ請求フォームに進む」ボタンから請求してください。

※このカテゴリーの全てのカタログを請求する場合は、
「ページ内すべてのカタログを選択」にチェックをつけて「カタログ請求フォームに進む」ボタンを押してください。

並び替え : 新着順( )  タイトル順(

2014年版 Japanese Scientists in Science 2013 - サイエンス誌に載った日本人研究者 -
コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2013年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2013(2014年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。

2015年版 Japanese Scientists in Science 2014 - サイエンス誌に載った日本人研究者 -
コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2014年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2014(2015年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。

2015年版 Japanese Scientists in Science Signaling 2014 - シグナリングに載った日本人研究者 -
本年、私達は新たにこの「シグナリングに載った日本人研究者2014」を刊行する運びとなりました。シグナル伝達研究における日本人研究者、日本の研究機関の貢献は顕著であり、Science Signaling からも毎年重要な研究成果が世に出ています。本誌では2014年にScience Signaling で発表された14件の研究を紹介しています。

2016年版 Japanese Scientists in Science 2015 - サイエンス誌に載った日本人研究者 -
コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2015年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2015(2016年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。

2016年版 Japanese Scientists in Science Translational Medicine 2015 - トランスレーショナルメディシンに載った日本人研究者 -
本年、私達は新たにこの「トランスレーショナルメディシンに載った日本人研究者2015」を刊行する運びとなりました。医学を含めた生物学における日本の研究は従来から重要な位置づけを占めており、トランスレーショナル・リサーチについても先進的モデルを提示し続けています。今回は、2015年にScience Translational Medicine誌に掲載された8報の論文を紹介しています。 「サイエンス誌に載った日本人研究者」の姉妹冊子

2016年版 Japanese Scientists in Science Signaling 2015 - シグナリングに載った日本人研究者 -
「シグナリングに載った日本人研究者」は、「サイエンス誌に載った日本人研究者」の姉妹冊子として昨年刊行されました。本年の冊子には、2015年にScience Signalingで発表された9件の研究を紹介しています。

2017年版 Japanese Scientists in Science 2016 - サイエンス誌に載った日本人研究者 -
コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2016年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2016(2017年版)―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。

2017年版 Japanese Scientists in Science Translational Medicine 2016 - トランスレーショナルメディシンに載った日本人研究者 -
本年、私達は新たにこの「トランスレーショナルメディシンに載った日本人研究者2016」を刊行する運びとなりました。医学を含めた生物学における日本の研究は従来から重要な位置づけを占めており、トランスレーショナル・リサーチについても先進的モデルを提示し続けています。今回は、2016年にScience Translational Medicine誌に掲載された6報の論文を紹介しています。 「サイエンス誌に載った日本人研究者」の姉妹冊子

2017年版 Japanese Scientists in Science Signaling 2016 - シグナリングに載った日本人研究者 -
「シグナリングに載った日本人研究者」は、「サイエンス誌に載った日本人研究者」の姉妹冊子として昨年刊行されました。本年の冊子には、2016年にScience Signalingで発表された9件の研究を紹介しています。

2007年11月20日、iPS細胞に関する画期的な科学論文2編が同時に発表されました。Science Express誌に発表された米国ウィスコンシン大学マディソン校のJames Thomson先生らの報告と、同日Cell誌に発表された京都大学再生医学研究所の山中伸弥先生らの報告です。山中先生らはさらに、2008年2月14日発光のScience ExpressにiPS細胞に関する新たな知見を発表されました。
ここに、Science誌の協力を得てScienceに掲載された2つの論文を邦訳してお届けいたします。この機会に、多くの研究者の方々に、生命科学と医療の現場に革新をもたらす知見として広く世界に認められた業績に触れていただきたいと考えます。

Japanese Scientists in Science 2008 - サイエンス誌に載った日本人研究者 -
コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2008年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2008 ―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。海外で活躍されている日本人の方も多くいらっしゃいますが、誌面の都合上、国内の研究施設で研究されている方に限定してご登場いただきました。

コスモ・バイオでは、米国科学アカデミー(AAAS)との共同事業として、世界に発表された、シグナル伝達関連の最新の情報「Science Signaling」を毎週、日本語Web版としてお届けしています。

Japanese Scientists in Science 2009 - サイエンス誌に載った日本人研究者 -
コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2009年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「Japanese Scientists in Science 2009 ―サイエンス誌に載った日本人研究者」を 配布しております。海外で活躍されている日本人の方も多くいらっしゃいますが、誌面の都合上、国内の研究施設で研究されている方に限定してご登場いただきました。

コスモ・バイオでは、米国科学アカデミー(AAAS)との共同事業として、世界に発表された、シグナル伝達関連の最新の情報「Science Signaling」を毎週、日本語Web版としてお届けしています。

Japanese Scientists in Science 2011 - サイエンス誌に載った日本人研究者 -
コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2011年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「2012年版 Issue Japanese Scientists in Science 2011 ―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。

コスモ・バイオでは、米国科学アカデミー(AAAS)との共同事業として、世界に発表された、シグナル伝達関連の最新の情報「Science Signaling」を毎週、日本語Web版としてお届けしています。

Japanese Scientists in Science 2012 - サイエンス誌に載った日本人研究者 -
コスモ・バイオは、AAAS(全米科学振興協会)に協賛して、AAASの日本での活動の一環として、2012年度に“Science”に論文が掲載された日本人研究者・グループをご紹介する冊子「2013年版 Japanese Scientists in Science 2012 ―サイエンス誌に載った日本人研究者」を配布しております。

コスモ・バイオでは、学術誌Scienceで知られるAAAS(American Association for the Advancement of Science ; 米国科学振興協会)との共同事業として、“Science Signaling”の日本におけるオフィシャルサイト“Science Signalingジャパン”をコスモ・バイオホームページ内に開設しております。今回は、2014年の年初にリリースされた、前年のシグナル伝達研究領域のハイライト記事“Breakthroughs of the year 2013”を、AAASの特別協力を得て、ご紹介致します。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第13号は、2011年12月-2012年3月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第14号は、2012年3月-2012年5月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第15号は、2012年5月-2012年7月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第16号は、2012年7月-2012年9月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第17号は、2012年10月-2012年12月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。

Science Signaling Vol.18
Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第18号は、2013年1月-2013年2月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第19号は、2013年3月-2013年5月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第20号は、2013年6月-2013年8月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第21号は、2014年1月-2014年4月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第22号は、2014年7月-2014年9月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。
• Science Signaling(AAASのオフィシャルサイト)

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第1号は、2008年10月-12月までに掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、1部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第10号は、2011年3月-5月までに掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、1部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第11号は、2011年5月-2011年6月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第12号は、2011年7月-2011年9月に掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、一部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第2号は、2009年1月-4月までに掲載された記事の紹介です。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第3号は、2009年5月-7月までに掲載された記事の紹介です。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第4号は、2009年7月-9月までに掲載された記事の紹介です。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第5号は、2009年10月-12月までに掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、1部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第6号は、2010年2月-4月までに掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、1部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第7号は、2010年5月-7月までに掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、1部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第8号は、2010年8月-9月までに掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、1部の記事を紹介しています。

Science Signalingは、生物学におけるシグナル伝達に関する知識と情報を集約したAAAS(米国科学振興協会)が発行するScienceの姉妹誌です。
コスモ・バイオは、AAASに協賛して、AAASの日本での活動の一環として、Science Signaling に掲載された論文の要約の一部を日本語で紹介する季刊誌「Science Signaling 日本語版ダイジェスト」を配布しています。第9号は、2011年1月-3月までに掲載された記事の紹介です。紙面の都合上、1部の記事を紹介しています。

サイエンス 125 Questions リーフレット
 コスモ・バイオは、米国科学アカデミー(AAAS)との共同事業の一環として、世界を代表する科学誌Scienceが提供する「サイエンス125の問い」という冊子をお届けします。
 この冊子には、科学に興味をお持ちの方はもちろん、理科に苦手意識のある方も引きつける科学記事が掲載されています。
 Scienceは、偉大な発明家トーマス・エジソンにより1880年(明治13年)に創刊され、今日に至るまで、科学技術上の重要な論文の発表の場としてその存在を知られてきました。
 世界各国から寄せられたあらゆる科学分野のオリジナルな研究論文とともに、科学界の関心を集めるニュースや分析記事を毎週掲載し、昨年で創刊125周年を迎えました。これを記念して発表された“Science 125 Questions「サイエンス125の問い」”は、基本的な科学に関する疑問から、最新の知識まで、どの分野の自然科学に興味を持つ人にとっても興味深い情報が満載されています。
 コスモ・バイオでは、米国科学アカデミー(AAAS)との共同事業として、世界に発表された、シグナル伝達関連の最新の情報(STKE)を、毎週、日本語Web版としてお届けしています。

※複数の冊子を同時に請求する場合は、対象の冊子にチェックをつけてください。


Copyright © 1997-2016 COSMO BIO co.,ltd. All rights reserved.