カタログ請求

コスモバイオニュース No.55 March, 2006
資料コード 10643
配布年月 2006年03月
ページ数 38
新商品情報を中心に掲載するニュースです。下記商品に特にご注目下さい。
◎特集 ユビキチン・プロテアソームシステム
 細胞内タンパク質分解は、細胞周期、発生及び分化から、細胞老化の全てに関連するであろう、制御システムです。ユビキチン・プロテアソームシステムはその分解システムの一つで、タンパク質のユビキチン化が細胞内の多くのプロセスを調節していることが明らかになっています。
 今回の特集では、バイオモルインターナショナル社(BMO)の協力を得て、ユビキチン・プロテアソームシステム研究にお使いいただくユビキチン化キットやプロテアソーム分解活性測定キットをご紹介しています。また、ホクドー社(HKD)のユビキチン化関連タンパク質や抗体にもご注目ください。
◎新商品&トピックス(注目商品)
 Fluoro-Jade®C/リン酸化抗体作製受託サービス/ワンステップ バキュロウイルスタンパク質発現システム flashBAC™/SureSilencing™shRNAプラスミド/Parameter™キット/ウェスタンブロット検出システム WEST-one™/Tandem™IHC染色キット/食物アレルギー物質迅速検出キット FASTKITイムノクロマトキット/密閉式超音波細胞破砕装置 Bioruptor®UCD-250
◎STKE 2005:シグナル伝達の「ブレークスルー・オブ・ザ・イヤー」
 コスモ・バイオでは、学術誌Scienceで知られるAAAS(米国科学振興協会)との共同事業として、シグナル伝達研究領域のオンラインジャーナル"STKE"情報の一部を、日本語にてご紹介しております。
今号のニュースでは、前年のシグナル伝達研究領域のハイライト記事"Breakthroughs od the yesr 2005"を、日本語でご紹介しております。
◎『リン酸化シグナル ハンドブック』発刊のお知らせ

  • 一覧に戻る

Copyright © 1997-2016 COSMO BIO co.,ltd. All rights reserved.