カタログ請求

コスモバイオニュース No.59 November, 2006
資料コード 10763
配布年月 2006年11月
ページ数 34
 新商品情報を中心に掲載するニュースです。下記商品に特にご注目下さい。
◎特集 分子間相互作用
 酵母Two-Hybrid 法は、転写因子の活性化にDNA結合ドメインと転写因子活性化ドメインの両方の結合が必要であることを利用する方法で、細胞内でのタンパク質-タンパク質相互作用検出のための遺伝子アッセイ法として幅広く用いられています。
 今回の特集では、酵母Two-Hybrid 法及び分割ユビキチン法を利用した膜貫通型タンパク質の新規結合因子スクリーニングシステムについて述べます。また、デュアルシステムズ(DSB)社のDUALmembrane 酵母Two-Hybridシステム、IBA(IBA)社のOne-STrEP™タンパク質相互作用解析 、RNA-タンパク質の相互作用解析には、サイトストア(CST)社のDualTRAPリボヌクレオチドタンパク質(RNP)精製キットにご注目ください。
◎新商品&トピックス(注目商品)
 タンパク質アレイ作成試薬キットPATH™&PANDEIA™/核内受容体スクリーニングサービス/脱チロシン化チューブリン抗体&PSA-NCAM/遺伝子型同定キット INNO-LiPAシリーズ/Nunc イモビライザー/IFNγELISpotキット/上皮細胞培養用培地/ミラクロス/フィコビリタンパク質Instant LyoFlogen®/WESTSAVE UP™/配列解析用ソフトウェア
◎楽ちん科学カタログ2006-2007 発刊のお知らせ
◎受託カタログ2006-2007 発刊のお知らせ 他

  • 一覧に戻る

Copyright © 1997-2016 COSMO BIO co.,ltd. All rights reserved.