最新情報

お知らせ

<お詫び>電気泳動マニュアル第弐版 誤記のお詫びと訂正

■ 訂正箇所 : 7ページ、「5. 操作手順」 の 3

電気泳動マニュアル第2版 - 訂正箇所 : 7ページ、「5. 操作手順」 の 3

誤 :
約200mL

正 :
ガラス板下から約1cm ほど浸かる程度の量を入れてください。入れすぎるとサンプルの拡散やスマイリング現象の原因になります。

■ 訂正箇所 : 10ページ、「6. トラブルシューティング, FAQ」

電気泳動マニュアル第2版 - 訂正箇所 : 10ページ、「6. トラブルシューティング, FAQ」

誤 :
【原因】 バッファー量が少なかったためゲルの発熱が大きく泳動パターンが乱れた。
【対処法】 陽極バッファー槽の2/3以上までバッファーを入れてください。

正 :
この原因・対処法は、マルチゲル® II には当てはまりません。
マルチゲル® II をお使いの場合、バッファーは、ガラス板下から約1cm ほど浸かる程度の量を入れてください。入れすぎるとサンプルの拡散やスマイリング現象の原因になります。