最新情報

学会セミナー情報

ランチョンセミナーのお知らせ 3月17日(木) (第15回日本再生医療学会総会) [終了]

本セミナーは終了いたしました。 多数のご参加を頂き、ありがとうございました。

Xeno-free Culture Media and Auxiliary Solutions towards Cell Therapy and Tissue Engineering
細胞治療や組織工学の臨床応用へ向けたXeno-Free培地と関連試薬

座長 : 関矢 一郎 先生 東京医科歯科大学 再生医療研究センター

演者 : David Fiorentini (VP for Scientific Affairs) Biological Industries Israel Beit-Haemek Ltd.

日時 : 2016年3月17日(木) 12:10〜13:00

セミナー番号 : ランチョンセミナー 4

会場 : 大阪国際会議場 10F 第5会場 会議室 1004-5

要旨

David Fiorentini (VP for Scientific Affairs) Biological Industries Israel Beit-Haemek Ltd.

Most of the common culture media for growth and expansion of stem cells as well as primary cells are typically supplemented with serum or other xenogenic compounds. The quality of the culture medium and its performance as well as other auxiliary solutions (for attachment, cryopreservation and dissociation) are particularly crucial with regard to therapeutic applications, since cell characteristics can be significantly affected by medium components and culture conditions.
A defined serum-free (SF), xeno-free (XF) culture systems optimized for pluripotent stem cells, mesenchymal stem cells and endothelial cells were developed to facilitate the application of robust, clinically accepted cell culture process for cell therapy and tissue engineering.

幹細胞の成長・増殖用に使用される培地は、プライマリー細胞などの培養に使われる一般的な培地と同様に、血清や異種動物由来の成分が含まれているものがいまだに多く使用されています。培養された幹細胞の品質や特徴は、培地成分や培養条件により大きく影響を受けるため、培地や関連試薬(細胞接着因子、凍結保存培地、および細胞剥離液)の品質やパフォーマンスは、臨床用途での細胞培養プロセスにおいて特に重要な要素となります。

本セミナーでは、多能性幹細胞間葉系幹細胞血管内皮細胞などの幹細胞を使用した細胞治療研究、および組織工学研究を促進するために開発・最適化された、血清フリー & ゼノフリーの細胞培養用培地及び関連試薬についてご紹介致します。

整理券 本学会総会ランチョンセミナーは、整理券制です。
開催日当日、会場5階メインホワイエの整理券配布所にて整理券をお渡しします。
整理券配布時間:8時00分〜11時00分(無くなり次第終了)
お問合せ コスモ・バイオ株式会社 製品情報部 セミナー事務局
TEL: 03-5632-9622
email: seminar@cosmobio.co.jp
コスモ・バイオ 株式会社Biological Industries Ltd.