• ホーム
  • 商品情報
  • 高濃度ユビキチン化タンパク質分離用キット UBI-QAPTURE-Q® Kit

商品情報

記事ID : 727
研究用

ユビキチン化タンパク質を精製高濃度ユビキチン化タンパク質分離用キット UBI-QAPTURE-Q® Kit

print このエントリーをはてなブックマークに追加

UBI-QAPTURE-Q® キットはユビキチン化タンパク質を効果的に分離する画期的なキットです。

本キットは細胞抽出物、組織ライセート、高結合型アフィニティーマトリックスを用いた in vitro アッセイ試薬からリジン残基結合型モノ/ポリユビキチン化タンパク質を分離します。キャプチャータンパク質は添付の高特異的ユビキチン抗体を用いたウェスタンブロットや、ターゲットタンパク質特異的抗体を用いて解析できます。その後マトリックスを用いて抽出し、生化学的特性を決定します。

使用目的

  • 細胞および組織ライセートからユビキチン化されたタンパク質の全長を検出・同定
  • 細胞および組織ライセートの一部から分離したターゲットユビキチン化タンパク質のキャプチャー・分析
  • 半定量分析を改良した in vitro でのユビキチンタンパク質のプルダウンアッセイ
  • ターゲットタンパク質のユビキチン化/非ユビキチン化の分離
  • 脱ユビキチン酵素を用いて UBI-QAPTURE-Q® マトリックス由来ユビキチン/ユビキチン鎖の解離による活性化/ネイティブタンパク質の遊離
  • 高塩濃度バッファーを用いた UBI-QAPTURE-Q® マトリックス由来の溶出の活性化/ネイティブタンパク質の分離

特長

  • 本キットは細胞抽出物、組織ライセート、高結合型アフィニティーマトリックスを用いた in vitroアッセイ試薬からリシン残基結合型モノ/ポリユビキチン化タンパク質を分離します。
  • キャプチャータンパク質は添付の高特異的ユビキチン抗体を用いたウェスタンブロットや、ターゲットタンパク質特異的抗体を用いて解析できます。
  • その後マトリックスを用いて抽出し、生化学的特性を決定します。

構成内容

  • UBI-QAPTURE-Q® matrix
  • ユビキチン化タンパク質 コントロール(Ub-ライセート)
  • ユビキチンコンジュゲート特異的HRP標識抗体

測定原理

高濃度ユビキチン化タンパク質分離用キット UbiQaptureの原理
測定原理

高濃度ユビキチン化タンパク質分離用キット UBI-QAPTURE-Q® Kit

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格

UBI-QAPTURE-Q(R) kit詳細データ

ENZ

BML-UW8995-0001

1 KIT
[20 tests]
¥87,000

製品使用文献

  1. PI3K/AKT signaling inhibits NOTCH1 lysosome‐mediated degradation: N. Platonova, et al.; Genes Chromosomes Cancer (2015), Abstract外部リンク;
  2. SKP2 cooperates with N-Ras or AKT to induce liver tumor development in mice: S. Delogu, et al.; Oncotarget 6, 2222 (2015), Abstract外部リンク; Full Text 外部リンク
  3. A Heart That Beats for 500 Years: Age-Related Changes in Cardiac Proteasome Activity, Oxidative Protein Damage and Expression of Heat Shock Proteins, Inflammatory Factors, and Mitochondrial Complexes in Arctica islandica, the Longest-Living Noncolonial Animal: D. Sosnowska, et al.; J Gerontol A Biol Sci Med Sci 69, 1448 (2014), Abstract外部リンク;
  4. HIV-1 Nef down-modulates C-C and C-X-C chemokine receptors via ubiquitin and ubiquitin-independent mechanism: P. Chandrasekaran, et al.; PLoS One 9, e86998 (2014), Abstract外部リンク; Full Text 外部リンク
  5. Activin receptor-like kinase5 inhibition suppresses mouse melanoma by ubiquitin degradation of Smad4, thereby derepressing eomesodermin in cytotoxic T lymphocytes: J.H. Yoon, et al.; EMBO Mol. Med. 5, 1720 (2013), Abstract外部リンク; Full Text 外部リンク
  6. Deletion of the Type II TGF-β receptor gene in articular chondrocytes leads to a progressive OA-like phenotype in mice: J. Shen, et al.; Arthritis Rheum. 65, 3107 (2013), Abstract外部リンク;
  7. The Giardia cell cycle progresses independently of the anaphase-promoting complex: S. Gourguechon, et al.; J. Cell Sci. 126, 2246 (2013), Abstract外部リンク;
  8. Ubiquitin E3 Ligase Itch Negatively Regulates Osteoclast Formation by Promoting Deubiquitination of Tumor Necrosis Factor (TNF) Receptor-associated Factor 6: H. Zhang, et al.; J. Biol. Chem. 288, 22359 (2013), Abstract外部リンク;
  9. Chaperones, but not oxidized proteins, are ubiquitinated after oxidative stress: M. Kästle, et al.; Free Radic. Biol. Med. 53, 1468 (2012), Abstract外部リンク;
  10. MAGE-D1 regulates expression of depression-like behavior through serotonin transport ubiquitylation: A. Mouri, et al.; J. Neurosci 32, 4562 (2012), Abstract外部リンク;
  11. Proteomic analysis of ubiquitination-associated proteins in a cisplatin-resistant human lung adenocarcinoma cell line: X. Qin, et al.; Int. J. Mol. Med. 29, 791 (2012), Abstract外部リンク;
  12. Ubiquitin-mediated control of plant hormone signaling: D.R. Kelley & M. Estelle; Plant Physiol. 160, 47 (2012), Abstract外部リンク;
  13. BMP2, but not BMP4, is crucial for chondrocyte proliferation and maturation during endochondral bone development: B. Shu, et al.; J. Cell Sci. 124, 3428 (2011), Abstract外部リンク;
  14. Neuronal precursor cell-expressed developmentally down-regulated 4-1 (NEDD4-1) controls the sorting of newly synthesized Cav1.2 calcium channels: J. Rougier, et al.; J. Biol. Chem. 286, 8829 (2011), Abstract外部リンク;
  15. Proteins bearing oxidation-induced carbonyl groups are not preferentially ubiquitinated: M. Kästle, et al.; Biochimie 93, 1076 (2011), Abstract外部リンク;
  16. The role of the ubiquitin proteasome system in Alzheimer's disease: B.M. Riederer, et al.; Exp. Biol. Med. 236, 268 (2011), Abstract外部リンク;
  17. Cross-talk between remodeling and de novo pathways maintains phospholipid balance through ubiquitination: P.L. Butler & R.K. Mallampalli; J. Biol. Chem. 285, 6246 (2010), Abstract外部リンク;
  18. Smad3 prevents beta-catenin degradation and facilitates beta-catenin nuclear translocation in chondrocytes: M. Zhang, et al.; J. Biol. Chem. 285, 8703 (2010), Abstract外部リンク;
  19. BAX/BAK-independent mitoptosis during cell death induced by proteasome inhibition: E. Lomonosova, et al.; Mol. Cancer Res. 7, 1268 (2009), Abstract外部リンク;
  20. Homologous recombination but not nucleotide excision repair plays a pivotal role in tolerance of DNA-protein cross-links in mammalian cells: T. Nakano, et al.; J. Biol. Chem. 284, 27065 (2009), Abstract外部リンク;

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ