商品情報

記事ID : 11084
研究用

特集:オートファジー/Autophagy

print このエントリーをはてなブックマークに追加

祝!「オートファジー」の仕組みを解明された東京工業大学栄誉教授 大隅良典先生が、2016年ノーベル生理学・医学賞を受賞されました。長きにわたっての偉大なご功績が認められてのご受賞を心よりお祝い申し上げます。

コスモ・バイオではこれからも、オートファジーをはじめとするライフサイエンス分野の商品ラインナップの拡充を進め、 研究者の皆さまの様々なニーズにお応えできるよう、質の高いサービスをお届けしてまいります。

細胞外養分が制限されて生存を脅かすような状況にあると、真核細胞はオートファジーと呼ばれる自身の細胞内含有量を消化するリソソームを介した細胞内バルク分解パスウェイが行われます。

生理的条件下においてオートファジーは、飢餓状態時にはアミノ酸プールの維持、損傷したタンパク質、オルガネラのターンオーバー、神経変性の防止、腫瘍抑制、細胞分化、細胞内微生物の除去、先天性および獲得免疫の調整といった重要な役割を担っています。

オートファジー活性は基本条件下では著しく低いですが、培養細胞やインタクトな生命体を様々な生理的条件下 (栄養飢餓、低酸素、エネルギー枯渇、小胞体ストレス、温度上昇、高密度成長条件下、ホルモン刺激) や様々なタンパク質凝集症 (アルツハイマー病、ハンチントン病、パーキンソン病)、心疾患、急性膵炎のほか細菌感染や寄生虫感染といった条件下におくと顕著にアップレギュレートします。オートファジーはがんや神経変性疾患、感染症や炎症性腸疾患といったある種の疾患では抑制されています。またオートファジー機能の低下は老化の特徴とされています。

オートファゴソームの形成と働き

図1、オートファゴソームの形成と働き
細胞質物質が拡張した隔離膜 (ファゴフォア) によって隔離されます。その結果二重膜小胞 (オートファゴソーム) が形成されます。オートファゴソームの外側の膜がリソソームと融合し、中の物質がオートリソソーム内で分解される。

Cosmo Bio would like to acknowledge and thank the Enzo Life Sciences. Inc. for providing Autophagy information presented here.

ここでは、コスモ・バイオが取扱っております様々なオートファジー関連試薬をご紹介いたします。

■ アッセイキット

■ 抗体

  • Beclin 1(ATG6)抗体 : オートファジーで重要な役割担うタンパク質
  • BIF-1抗体 : 近年オートファジー機構にも関与するとして注目
  • Atg5抗体/12/16L : 新規マーカーとして注目を集めるオートファジー抗体
  • Atg7抗体 : オートファゴゾームの形成においてはAtg5とともに必須の重要な因子
  • LC3抗体 : オートファジー小胞(オートファゴソーム)のマーカー抗体で細胞染色に特化
  • オートファジー LC3 & GABARAP 抗体 : オートファジー研究に欠かせないマーカーをご紹介

■ ELISA キット

■ 遺伝子発現

■化合物ライブラリー

■ 阻害試薬

CAS 商品名 CAS 商品名
71145-03-4 (±)Bay K8644 66085-59-4 Nimodipine
5142-23-4 3-Methyladenine 39562-70-4 Nitrendipine
93882-12-3 8-CPT-cAMP·Na 31430-18-9 Nocodazole
852808-04-9 ABT-737 167869-21-8 PD-98059
2627-69-2 AICAR 371935-74-9 PI-103 
19774-82-4 Amiodarone hydrochloride 64984-31-2 Pifithrin-µ
22862-76-6 Anisomycin 1092351-67-1 PP 242
88899-55-2 Bafilomycin A1 6119-47-7 Quinine HCl·2H2O
298-46-4 Carbamazepine 501-36-0 Resveratrol
4205-91-8 Clonidine Hydrochloride 61413-54-5 Rolipram
66-81-9 Cycloheximide 280744-09-4 SB-216763
50-02-2 Dexamethasone 129-56-6 SP600125
16980-89-5 Dibutyryl cAMP·Na 33069-62-4 Taxol [Paclitaxel]
51350-19-7 EHNA·HCl 1156-19-0 Tolazamide
154447-36-6 LY294002 2068-78-2 Vincristine sulfate
1115-70-4 Metformin hydrochloride 19545-26-7 Wortmannin

■ 誘導試薬

CAS 商品名 CAS 商品名 CAS 商品名
75747-14-7 17-AAG 30562-34-6 Geldanamycin 501-36-0 Resveratrol
6698-26-6 2',5'-Dideoxyadenosine 66-84-2 Glucosamine HCl 54187-04-1 Rilmenidine
154-17-6 2-Deoxyglucose 133052-90-1 Go6850 7272-84-6 Rockout
23513-14-6 6-Gingerol 220127-57-1 Imatinib mesylate 83-79-4 Rotenone
566-28-9 7-Ketocholesterol 99011-02-6 Imiquimod 82-08-6 Rottlerin
52665-69-7 A23187 56092-81-0 Ionomycin 152121-30-7 SB202190
144978-82-5 AG112 142523-38-4 L-690,330 307538-42-7 SMER28
925681-41-0 Akt Inhibitor X·HCl 58749-22-7 Licochalcone A 1069-66-5 Sodium Valproate
110044-82-1 ALLN 7447-41-8 Lithium Chloride 475207-59-1 Sorafenib tosylate
19774-82-4 Amiodarone·HCl 34552-83-5 Loperamide·HCl 124-20-9 Spermidine
648450-29-7 AS605240 1115-70-4 Metformin·HCl 62996-74-1 Staurosporine
20350-15-6 Brefeldin A 133407-82-6 MG132 315702-99-9 STF-62247
13031-64-6 C2-dihydroceramide 38304-91-5 Minoxidil 326914-10-7 SU11652
58-08-2 Caffeine 50-65-7 Niclosamide 129-46-4 Suramin·6Na
404-86-4 Capsaicin 66085-59-4 Nimodipine 54965-24-1 Tamoxifen citrate
298-46-4 Carbamazepine 39562-70-4 Nitrendipine 85622-93-1 Temozolomide
458-37-7 Curcumin 915019-65-7 NVP-BEZ235 67526-95-8 Thapsigargin
302-95-4 Deoxycholate·Na 12627-35-9 Penitrem A 41059-79-4 Timosaponin A-III
19408-84-5 Dihydrocapsaicin 371935-74-9 PI-103 99-20-7 Trehalose
3483-12-3 DTT 2062-78-4 Pimozide 326-91-0 TTFA
33419-42-0 Etoposide 481-42-5 Plumbagin 11089-65-9 Tunicamycin
658084-64-1 FK-866 329-98-6 PMSF  152-11-4 Verapamil·HCl
1841-19-6 Fluspirilene 53123-88-9 Rapamycin N/A Z36

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ