商品情報

記事ID : 16943
研究用

蛍光で確認するカルシウムインジケータープローブカルシウム指示薬

print このエントリーをはてなブックマークに追加

カルシウムは様々な細胞での万能なセカンドメッセンジャーです。無数の機能がCa2+ により制御されてるため、カルシウム測定は生化学調査に重要となっています。1920年代から科学者たちはCa2+を測定することを試みてきましたがプローブ能力の限界により上手くはいきませんでした。しかし、Ridgway、Ashleyにより初めて信頼できる測定が行われました。それは、フジツボの巨大な筋繊維に発光タンパク質エクオリンを注射し測定するものでした。続いて1980年代では、Tsien及びその仲間らが様々な蛍光指示薬を作成しました。当時、Indo-1、Fura-2、Fluo-3 及び Rhod-2といったものが、蛍光検出機器を使って Ca2+ を測定するための最も価値ある色素でした。近年、ABD社では最も強靭なカルシウムプローブを続々と開発しています。GPCRのハイスルプットスクリーニングやカルシウムチャンネル薬剤探索ターゲットに有用です。

Cosmo Bio would like to aknowledge and thank the AAT bioquests, Inc. for providing the information of Fluorescent Calcium Indicators presented here.

商品紹介

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「カルシウム指示薬」は、下記のカテゴリーに属しています。