商品情報

記事ID : 33294
研究用

特集:末梢循環腫瘍細胞 (CTC)

print このエントリーをはてなブックマークに追加

循環腫瘍細胞 (CTC) とは上皮間葉転換 (EMT) を経て血流中を循環する癌細胞です。原発腫瘍部位から分離した後、CTC は転移し、その他の臓器を侵襲して転移性腫瘍を形成します。これらの細胞は、癌患者の末梢血液中に存在し、CTC の検出は転移の過程を判断し、治療の予後を予想するのに役立てることができます。しかし、その他の血液細胞と比較して、CTC の数は極めて希少であり、検出するのは非常に困難です。弊社では CTC の単離、検出、計数、解析を支援する受託サービスや製品を取り揃えております。

末梢循環腫瘍細胞 (CTC) 解析受託サービス

末梢循環腫瘍細胞 (CTC) 解析受託サービス

Abnova Diagnostics (Japan)

CytoQuest(TM) CRAbnova Diagnostics はCTC 分離のための高い処理能力を備えた自動化装置である CytoQuest™ CR を開発しました。本装置と GMP グレードの試薬を組み合わせて、CTCの濃縮、計数、および単離受託サービスをご提供致します。

Anti Cell-Surface Vimentin抗体(84-1)


Cell-Surface Vimentin(CSV) は細胞表面で検出されるため、本抗体は CTC等のがん細胞の分離にご使用いただけます。また、本抗体は多数のがん細胞株の免疫蛍光染色とフローサイトメトリーでの使用が保証されており、Abnova 社が本抗体を世界で独占的に販売するライセンスを取得しています。

LM7細胞の染色

図. LM7細胞の染色
LM7 (osteosarcoma)がん細胞株のCSVを染色し共焦点顕微鏡で観察した。
CSVはWGAと共局在しており、細胞表面のビメンチンを検出していると考えられる
CSV:緑、WGA:赤、核(DRAQ5):青

Ampli1™ WGAキット


Ampli1™ Whole Genome Amplification(WGA)キットは、CTC 等の単一細胞からトータルDNAを増幅するために最適なツールです。本キットにより、高濃縮の長さ0.2-2kbのDNAフラグメントの、一貫性のある完全なライブラリを構築できます。本キットで調製したDNAは、全ゲノムシーケンスなどのダウンストリームアプリケーションに適用できます

Ampli1 WGAキットプロトコール

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「特集:末梢循環腫瘍細胞 (CTC)」は、下記のカテゴリーに属しています。