記事ID : 13366
研究用

AGEs 生成阻害効果を in vitro で確認!糖化関連研究シリーズ

print このエントリーをはてなブックマークに追加

糖類は生体内のタンパク質と共存すると、タンパク質内のリジンやアルギニン残基を修飾・架橋形成し、タンパク質の立体構造を変え、活性や物性に大きく影響を及ぼします。この反応は糖化反応(Glycation)もしくはメイラード反応と呼ばれ、アマドリ転移物が生成する前期反応と、酸化、脱水、縮合等の反応を経て糖化反応後期生成物(Advanced Glycation End products:AGEs)に至る後期反応に分けられます。

コスモ・バイオでは、無細胞及び無酵素的にこれらの糖化反応を追うことができるキットを販売しています。キットは全て96ウェルプレートを用います。機能性食品及び化粧品開発における抗糖化素材開発にご利用ください。

図1 AGEs生成経路

図1 AGEs生成経路

キット 測定方法 用途
コラーゲン抗糖化アッセイキット
グルコース/フルクトース

(品番: AK70)
コラーゲンゲルにグルコースもしくはフルクトースを添加した時に起こる糖化反応を蛍光でモニタリングする。
アッセイ期間は10日〜4週間。
抗糖化物質のスクリーニング、機能性食品および化粧品開発における抗糖化素材開発
コラーゲン抗糖化アッセイキット
グリセルアルデヒド

(品番: AK71)
コラーゲンゲルにグリセルアルデヒドを添加した時に起こる糖化反応を蛍光でモニタリングする。
アッセイ期間は2日。
抗糖化物質のスクリーニング、機能性食品および化粧品開発における抗糖化素材開発
軟骨II型コラーゲン抗糖化アッセイキット
グリセルアルデヒド

(品番: AK72)
軟骨II型コラーゲンゲルにグリセルアルデヒドを添加した時に起こる糖化反応を蛍光でモニタリングする。 抗糖化物質のスクリーニング、機能性食品および化粧品開発における抗糖化素材開発
アルブミン抗糖化アッセイキット
グリセルアルデヒド

(品番: AAS-AGE-K01)
BSA(アルブミン)溶液にグリセルアルデヒドを添加した時に起こる糖化反応を蛍光でモニタリングする。
アッセイ期間は1日。
抗糖化物質のスクリーニング、機能性食品および化粧品開発における抗糖化素材開発
エラスチン抗糖化アッセイキット
グリセルアルデヒド

(品番: AAS-AGE-K05)
エラスチン溶液にグリセルアルデヒドを添加した時に起こる糖化反応を蛍光でモニタリングする。
アッセイ期間は1日。
抗糖化物質のスクリーニング、生活習慣病および老化予防研究や血管や靭帯などに焦点をあてた機能性素材開発
コラーゲンAGEs抗糖化アッセイキット
CML特異的

(品番: AAS-AGE-K02)
96well Plate に固相化されたコラーゲンにグリオキサールを添加した時に起こる糖化反応を CML 特異的抗体で検出(ELISA法) CML 生成阻害物質のスクリーニング、機能性食品および化粧品開発における抗糖化素材開発
コラーゲンAGEs抗糖化アッセイキット
CMA特異的

(品番: AAS-AGE-K03)
96well Plate に固相化されたコラーゲンにグリオキサールを添加した時に起こる糖化反応を CMA 特異的抗体で検出(ELISA法) CMA 生成阻害物質のスクリーニング、機能性食品および化粧品開発における抗糖化素材開発
RAGE反応性AGEs生成阻害アッセイキット
(品番: AAS-AGE-K04)
96well Plate に固相化されたアルブミンをグリセルアルデヒドで糖化反応させたときに生じるAGEs(Glyceraldehyde-AGEs)をリコンビナント RAGE-Fc を用いて検出 Glyceraldehyde-AGEs 生成阻害物質のスクリーニング、機能性食品および化粧品開発における抗糖化素材開発

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ


商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO