商品情報

記事ID : 17744
研究用

サンプル中の疎水性タンパク質を迅速かつ簡単に測定するキットMarkerGene™ 疎水性タンパク質アッセイキット

print このエントリーをはてなブックマークに追加

本キットは、細胞から抽出した変性/ネイティブタンパク質サンプル中の疎水性タンパク質を、一次元または二次元SDS-PAGEを用いて迅速かつ簡単に測定します。

背景

本キットでは、タンパク質の疎水領域に結合したときのみ強い蛍光を示す蛍光プローブ(6-p-Toluidino-2-naphthalenesulfonic acid(TNS))※1を用いて、サンプル中の疎水性タンパク質を検出します。一般的な電気泳動プロトコールにTNS色素を組み合わせることで、迅速かつ簡単に疎水性タンパク質の測定が可能です。

蛍光の強度は、タンパク質の疎水性に比例します。通常、タンパク質のアッセイ系でしばしば干渉するとして知られているTriton X-100、ドデシル硫酸ナトリウム等の界面活性剤やその他の疎水性タンパク質の分離に使用されるバッファー添加物(クエン酸ナトリウム、TRIS、サリチル酸ナトリウム、Lシステイン、2−メルカプトエタノール、DMSO)等の影響は最小限であることが確認されています。

※1 蛍光波長:em/ex ; 465nm

図1:ネイティブ条件下(Buffer A)でのアッセイ結果
図1:ネイティブ条件下(Buffer A)でのアッセイ結果

 

図2:変性条件下(Buffer B)でのアッセイ結果
図2:変性条件下(Buffer B)でのアッセイ結果

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格

MarkerGeneTM Hydrophobic Protein Analysis Kit詳細データ

MGT

M0794

1 KIT
¥83,000

参考文献

  1. Neff TL, Naleway JJ. (2003) "Development of a sensitive proteomic hydrophobicity assay based on 2-p-toluidinylnapthalene-6-sulfonic acid (TNS) as the protein-detecting reagent."? Anal Biochem (submitted for publication)
  2. Batlle N, Carbonell JV, Sendra JM. (2000) "Determination of depolymerization kinetics of amylose, amylopectin, and soluble starch by aspergillus oryzae alpha-amylase using a fluorimetric 2-p-toluidinylnaphthalene-6-sulfonate/flow-injection analysis system." Biotechnol Bioeng 70:544-552
  3. QaDan M, Spyres LM, Ballard JD. (2000)"pH-Induced conformational changes in Clostridium difficile toxin B." Infect Immun68:2470-2474.
  4. Jones M, Keenan, RW, Horowitz P. (1982) "Use of 6-p-toluidino-2-naphthalenesulfonic acid to quantitate lipids after thin-layer chromatography." J Chromatogr 237:522.
  5. • McClure, WO, Edelman GM. (1966)"Fluorescent probes for conformational states of proteins. I. Mechanism of fluorescence of 2-p-toluidinylnaphthalene-6-sulfonate, a hydrophobic probe" Biochemistry 5(6):1908-1919.

製品使用文献

  1. Schneider A, Aghamirzaie D, Elmarakeby H, Poudel AN, Koo AJ, Heath LS, Grene R, Collakova E.(2015) "Potential targets of VIVIPAROUS1/ABI3-LIKE1 (VAL1) repression in developing Arabidopsis thaliana embryos." Plant J.
  2. Capito F, Kolmar H, Edelmann B, Skudas R.(2014) "Feasibility of polyelectrolyte-driven Fab fragment separation." Biotechnol J. 9(5):698-701
  3. Collakova E, Aghamirzaie D, Fang Y, Klumas C, Tabataba F, Kakumanu A, Myers E, Heath LS, Grene R. (2013) "Metabolic and Transcriptional Reprogramming in Developing Soybean (Glycine max) Embryos." Metabolites. 3(2):347-72
  4. Capito F, Skudas R, Stanislawski B, Kolmar H.(2012) "Customization of copolymers to optimize selectivity and yield in polymer-driven antibody purification processes." Biotechnol Prog. 29(6):1484-93

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「MarkerGene™ 疎水性タンパク質アッセイキット」は、下記のカテゴリーに属しています。