• ホーム
  • 商品情報
  • インテグラーゼ欠損型レンチウイルス粒子 パッケージングキット

商品情報

記事ID : 17703
研究用

Integration-Deficient Lentivirusで一過性の遺伝子発現!インテグラーゼ欠損型レンチウイルス粒子 パッケージングキット

print このエントリーをはてなブックマークに追加

本商品はインテグラーゼ欠損型レンチウイルス(IDLV)粒子のパッケージングキットです。

背景

インテグラーゼ欠損型レンチウイルスとは

インテグラーゼ欠損型レンチウイルスは IDLV(Integration-Deficient Lentivirus)と呼ばれ、通常のレンチウイルスとは異なり宿主細胞のゲノムに組み込まれることがなく遺伝子の発現は一過性となります。通常のレンチウイルスと同様の細胞種に使用でき導入効率も同等です。

 

通常のレンチウイルス概要図インテグラーゼ欠損型レンチウイルスの概要図

図1. 通常のレンチウイルス(左)とインテグラーゼ欠損型ウイルス(IDLV)(右)との比較

使用目的

  • 一過性の発現が必要な場合
  • 安定発現やゲノムへの組込みが好ましくない場合
  • CRISPRによるゲノム編集に利用する場合は、ゲノム編集の完了後に不要となるCas9とsgRNAを一過性の発現に留めることができます(図3参照)。

 

パッケージングの概要

製品データ

GFP発現細胞のパーセンテージを比較

図2. GFP発現細胞のパーセンテージを比較
通常のレンチウイルス(WTLV)とインテグラーゼ欠損型のレンチウイルス(IDLV)それぞれで HT1080細胞にGFPを導入した結果、IDLVではGFPの発現が一過性であることが示された。GFP発現細胞はFACSでソーティングを行い計測した。

 

CRISPRによるRFPのノックアウト

図3. CRISPRを用いたRFPのノックアウト
遺伝子導入から3週間後の細胞群について、RFPの発現をウェスタンブロッティングで解析した。 その結果、scramble(ポジティブコントロール)ではRFPの発現が確認できたが、RFP gRNAではRFPの発現は確認できなかった。さらにIDLVを使用した場合は、Cas9の発現も消失していることが分かった。

インテグラーゼ欠損型レンチウイルス粒子 パッケージングキット

【関連商品】レンチウイルス粒子 パッケージングキット(第三世代パッケージングシステム)

本パッケージングキットで作製したレンチウイルスは細胞ゲノムへインテグレートされます。

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格

Lenti-vpak packaging kit - packaging plasmids and transfection reagent詳細データ

ORG

TR30037

10 RXN
¥119,000

Lenti-vpak packaging kit - packaging plasmids and transfection reagent, 5pack詳細データ

ORG

TR30037P5

5*10 RXN
お問い合わせ

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「インテグラーゼ欠損型レンチウイルス粒子 パッケージングキット」は、下記のカテゴリーに属しています。