商品情報

記事ID : 33029
研究用

ヒト制御性T細胞の研究に誘導性Treg(Regulatory T Cell)

print このエントリーをはてなブックマークに追加

Treg(Regulatory T cell, 制御性T細胞)は、他のT細胞の活性化や増殖を抑制する機能を持つT細胞のサブセットの一つです。現在もっともよく知られているTregのフェノタイプはCD4+CD25+CD127-で、細胞内にFoxP3を発現しています。
Tregは末梢血から直接単離できますが、本商品のTregはin vitroで抑制活性を持つTregを誘導し作成しています。このTregはReady-to-useの状態であるため、実験に必要なTregを準備するために末梢血からの単離や培養誘導の手間を省略することが可能です。

ドナー情報は公開していますので、メーカーHPをご参照ください。 外部リンク

ASB_image_1.jpg

使用例

本商品のTregは、解凍後すぐにin vitroのT細胞増殖実験に使用することができます。
48ウェルプレートの各ウェルに、2×105個のCFSE染色したアロジェニックエフェクターPBMCを播種し、各細胞数のTregまたはBC3細胞(Myelin Basic Protein反応性T細胞ライン)の存在下で、1 µg/mLの抗CD3抗体で刺激して増殖実験を行いました。TregとBC3細胞は、解凍直後にこのアッセイを行っています。 培養4日後、各ウェルの細胞をそれぞれ回収してPE-Cy5標識抗CD8抗体で染色し、フローサイトメトリーでCD8+細胞の増殖能を解析しました。

ASB_iTreg_001.jpg

プロトコール

誘導性Treg(Regulatory T Cell)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格
Normal induced T Regulatory Cells ASB 1042-XXXXXXXX 1 VIAL ¥ 164,000

品番の末尾 -XXXXXXXX の部分は、メーカー在庫のロット番号により異なります。
お手数ですがドナー情報とともにメーカーHPをご参照ください。 外部リンク

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「誘導性Treg(Regulatory T Cell)」は、下記のカテゴリーに属しています。