記事ID : 13548
研究用

リピドミクス研究を加速させます!LC-MS/MS による生体試料中エイコサノイドの一斉分析

print このエントリーをはてなブックマークに追加

脂質メディエーターは生理活性を持つ脂質であり、炎症反応、気管支喘息、アレルギー反応等の発症において重要な役割を担っています。脂質メディエーターとしてはエイコサノイドとして知られるプロスタグランジン類、ロイトコリエン類、トロンボキサン類等のアラキドン酸を骨格に持つ化合物ないしその誘導体が含まれます。シミックファーマサイエンス社は LC-MS/MS によるエイコサノイド、並びにその関連物質約 145 成分の一斉分析により、お客様のリピドミクス研究を強力にサポート致します。

エイコサノイドの形成

エイコサノイドの形成 エイコサノイドの形成

分析対象物質

  • アラキドン酸由来: 74物質
  • EPA由来: 20物質
  • DHA由来: 16物質
  • ジホモ-γ-リノレン酸由来: 22物質
  • リノール酸由来: 13物質
分析対象物質の詳細は こちらPDF をご覧ください。

 

注)対象となる生体試料により、物質数が減少する場合がございます。
    また、本リストに記載のない成分についても測定に組み込むことが可能な場合がございますので、お気軽にご相談下さい。

分析機器

API4000 system (AB SCIEX)

API4000 system

受託サービスの流れ

お見積り依頼

ご注文

サンプルお預かり

サンプルを冷蔵 or 冷凍保存
(シミックファーマサイエンス社にて
適切な条件にて保存致します)

前処理、LC-MS/MS測定

データ解析

結果をご報告、成果物をメールで納品

 

サンプル調製

対象サンプル

血漿、血清、組織(ホモジネート液)、その他ご相談ください。

必要サンプル量

血漿であれば最低約750 μLをご用意ください。抗凝固剤はEDTA塩をご使用ください。ヘパリンNaはPLA2酵素を活性化し、遊離脂肪酸を生成させるため使用しないでください。遊離脂肪酸が多く産生されるとエイコサノイドの前駆体が多くなり、エイコサノイドが産生されます。組織であれば最低約50 mgをご用意ください。なお、動物種やサンプルによって十分量を採取できない場合はご相談ください。

【採血例】
EDTA-2K含有採血管(5 mL)を使用し、定められた時間に1回3 mLの血液を採取してください。採血後、直ちに氷冷したのち、冷却遠心分離機(約4°C、3000 rpm、10分間)にて遠心分離を実施してください。得られた上清(血漿)をポリプロピレン製容器に分注し、密栓・混和後、凍結保存(-70°C以下)してください。

サンプルのご送付

土・日・祝日は休業となっておりますのでサンプルを受け取ることができません。サンプルは平日着となるよう下記まで冷蔵または冷凍便にてご送付ください。またサンプルの紛失を避けるためにご送付前に配送業者名とお問合せ番号を jutaku_gr@cosmobio.co.jp までご連絡ください。なお、輸送中のチューブ破損を防ぐために適切な緩衝材をご使用ください。

ご送付先:
〒677-0032 兵庫県西脇市中畑町17番18
TEL:(0795)23-5725
シミックファーマサイエンス株式会社宛

 

納期

すべての測定が終了した後、約1ヶ月以内*
* 分析対象物質数により納期は変動しますのでお問合せください。

 

納品物

品名 内容
濃度測定結果(表) 濃度測定結果(表)を納品いたします。
簡易報告書 以下内容等を反映した報告書を納品いたします。
  • LC-MS/MS 条件
  • 前処理方法
  • 濃度測定結果
  • Appendix(階層クラスター分析、Heat map)
その他 ご要望に応じて用意いたします。
濃度測定結果例

濃度測定結果例

クリックにより拡大します。


階層クラスター分析例

階層クラスター分析例
異なる性質のものが混ざりあっている集団(対象)の中から互いに似たものを集めて集落(クラスター)を作り、対象を分類する方法を総称したものです。定量値の大きさを基準に本分析を実施すると、客観的に対象物質における類似性が分類できます。

クリックにより拡大します。


JCL_eicosanoid_5.gif
クリックにより拡大します。

ヒートマップによる表示例
個々の定量値を色として表現した可視化グラフの一種です。色のレベルにより、対象物質あるいは群に対する挙動、類似性を可視化により識別することができます。

 

お見積り・ご注文方法

下記のリンクから見積のご依頼をお願い致します。

お問い合わせ先 : 創薬・受託サービス部

ご質問・ご不明の点は創薬・受託サービス部までお問い合せください。また、秘密保持契約のご希望につきましても、下記までご連絡をお願いいたします。

TEL
03-5632-9615
FAX
03-5632-9614
E-mail
jutaku_gr@cosmobio.co.jp
お問い合わせ

「LC-MS/MS による生体試料中エイコサノイドの一斉分析」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO