商品情報

記事ID : 17764
研究用

特集:MTTアッセイ(増殖/生存アッセイ)

print このエントリーをはてなブックマークに追加

MTT 〔3 - ( 4, 5 - Dimethylthial - 2 - yl ) - 2, 5-Diphenyltetrazalium Bromide〕は淡黄色の基質で、生細胞のミトコンドリアにより開裂し(死細胞では開裂しない)、晴青色のホルマザン(Formazan)を生成します。このホルマザンの生成量は生細胞数と相関しています。MTT 比色量法は放射性物質を使用しませんので、安全に細胞増殖能・生存率・毒性評価を行うことができます。

増殖/生存アッセイ

  原理
生細胞の還元反応
(レサズリン、MTT、XTT、アラマーブルー)
生細胞の還元反応で蛍光するレサズリン、呈色するテトラゾリウム塩(MTT、XTTなど)基質を利用
生細胞の還元反応 (レサズリン、MTT、XTT、アラマーブルー)
  原理
生細胞のエステラーゼ活性
(Calcein AM)
細胞内に取り込まれ、内因性エステラーゼによる加水分解で蛍光を発するCalcein AMを利用
生細胞のエステラーゼ活性 (Calcein AM)
  原理
ATP 代謝活性のある細胞の指標であるATPをルシフェリン / ルシフェラーゼ発光反応を利用して測定
  原理
BrdUの取り込み 抗BrdU抗体を用いて細胞増殖の間にDNAに取り込まれたBrdUを検出

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「特集:MTTアッセイ(増殖/生存アッセイ)」は、下記のカテゴリーに属しています。