商品情報

記事ID : 17652
研究用

コスモ・バイオでは、健常人由来、疾患患者由来、動物由来のPBMC(末梢血単核細胞)商品を豊富に販売しております。特集:PBMC(末梢血単核細胞)

print このエントリーをはてなブックマークに追加

PBMC(Peripheral Blood Mononuclear Cells)とは?

PBMC(Peripheral Blood Mononuclear Cells)とは、末梢血から分離された単球やリンパ球を含む単核球(単核細胞)です。一般的な単核球の単離は、密度勾配遠心法を用いて、ヒトや動物から採取した新鮮な血液から、血漿成分、赤血球、血小板および顆粒球を除去することで実施されます。密度勾配遠心法によるヒト単核球の分離では、1.077 g/ml の密度に調製した分離媒体(分離媒体例:Lymphoprep™等)が用いられます。生理食塩水で希釈したヒト全血サンプルをチューブ内の分離媒体の上部に重層(レイヤー化)して遠心すると、分離媒体とサンプルの境界面に単核球のバンドを得ることができます。

PBMCは、様々な血球細胞を含み、T細胞(CD4陽性細胞/CD8陽性細胞)、B細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞、単球および樹状細胞などの多様なリンパ球から構成されます。これらの細胞集団の分布頻度は、個人ごとに異なりますが、確立された一定の範囲で存在することがわかっています。

市販の凍結PBMCは、一般的なQC項目として、生存率測定、特定病原体およびウイルスの検査が実施されます。また、場合によってはドナー情報(性別や年齢)も提供されます。さらに、HLA(MHC)ハプロタイプ試験済みの製品も多く販売されています。HLA型は特定の機能アッセイで重要です。

PBMC のアプリケーションは?

PBMCは、表現型解析から特定細胞の機能性解析アッセイに至るまで多くの免疫学的実験に利用されています。

■ 表現型解析(細胞表面マーカー解析)
表現型解析を行う場合、一般的に抗体カクテルを用いた染色によって細胞種を同定します。例えば、ヘルパーT細胞の場合はCD4マーカーを、細胞傷害性T細胞の場合はCD8マーカーが使用されます。染色後の細胞でフローサイトメトリー解析を行い、特定の細胞集団や特定タンパク質を発現する細胞集団の頻度分布のデータを取得します。

■ 細胞採取のための初期試料
PBMCはまた、特定の細胞種を精製するための初期試料としても用いられます。特定の細胞種の解析をするために、蛍光分離や磁気細胞ソーティングによって、目的の細胞種を単離します。単離された細胞は、レトロウイルスベクターを用いた遺伝子導入実験に使用される等、対象遺伝子の機能解析にも用いられます。また、タンパク質や遺伝子プロファイリングにも使用されます。

■ 増殖アッセイ
さらに、PBMCの活性化反応を検出することで、試験物質が特定細胞に与える影響を評価することが可能です。一般的にPBMCを用いたアッセイの一つにCFSE増殖アッセイがあります。細胞内に浸透する生細胞染色試薬 CFSEを利用して、分裂促進因子(mitogen)や特定の抗原による刺激によって増殖を誘導した細胞を評価します。CFSEを用いた増殖アッセイはフローサイトメトリーを用いて測定されます。また、PBMC中の特定細胞の増殖を評価する場合、特定マーカーの抗体で染色します。

■ サイトカイン放出アッセイ
その他の機能アッセイとして、サイトカイン放出アッセイ(cytokine release assay:CRA)がよく行われます。PBMC、その中でもCD4 ヘルパーT細胞は刺激されることでサイトカインが産生します。培養上清に分泌されたサイトカインは、サイトカインビーズアレイ(cytokine bead array: CBA)を用いたフローサイトメトリーで定量されます。または、ELISAによって上清中のサイトカインを定量します。

■ 細胞傷害性アッセイ 
PBMCはNK細胞を含み、ADCC(antibody-dependent cellularcytotoxicity)アッセイや natural cytotoxicity アッセイと呼ばれる細胞傷害性アッセイによく利用されます。これらのアッセイは、NK細胞が細胞溶解を引き起こす細胞傷害性に焦点をあてています。natural cytotoxicity活性を検出する場合は、PBMCと標的細胞を共培養し、ADCC活性を検出する場合は、抗体の存在下でPBMCと標的細胞を共培養します。活性測定には、フローサイトメトリー等を使用して特定のシグナルを読み取ります。抗体やペプチド、小分子等の試験物質をPBMCと細胞の共培養系に加え、試験物質が免疫応答の刺激物質である場合は、シグナルが増加し、反対に阻害剤である場合はシグナルが減少します。

以上のように、PBMCは、特定細胞を採取するための初期材料として利用されるほか、機能アッセイを含む様々な免疫実験に利用されます。

Cosmo Bio would like to acknowledge and thank iQ Biosciences for providing PBMC description presented here.

PBMC 凍結細胞

メーカー名 取り扱い製品 メーカー在庫状況

iQ Biosciences
(略号:IQB)
  • ヒトPBMC
    • 健常人由来
      (シングルドナー)
    • 疾患患者由来
      (慢性リンパ性白血病 CLL)
  • 動物PBMC
    (マウス/ラット/ウサギ)
 2017/6/27 時点の本国在庫 Excel

HemaCare Corporation
(略号:HEM)
  • ヒトPBMC
    • 健常人由来
      (シングルドナー)
    • 疾患患者由来
      (胃癌)
      (関節リウマチ(RA))
      (急性骨髄性白血病(AML))
      (クローン病)
      (結腸直腸癌)
      (全身性エリテマトーデス(SLE))
      (前立腺癌)
      (乳癌)
      (肺癌)
      (非ホジキンリンパ腫)
      (慢性リンパ性白血病(CLL))
      (2型糖尿病)
      (ライム病)
 2017/7/28 時点の本国在庫 Excel
ASB_logo.gif
Astarte Biologics, LLC
(略号:ASB)
  • ヒトPBMC
    • 健常人由来
      (シングルドナー/プールドナー)
    • 疾患患者由来
      (関節リウマチ Rheumatoid Arthritis)
      (全身性全身性エリテマトーデス(SLE))
[ASB社ウェブサイトへ 外部リンク
Normal PBMC
Pooled PBMC
Rheumatoid Arthritis PBMC
SLE PBMC
pagetop

PBMC 分離試薬

pagetop

PBMC 培養試薬・アッセイキット

■ 培地

■ リコンビナントタンパク質

■ サイトカインアッセイ試薬

ELISA解析

マルチプレックス解析

ELISpot解析

  • ELISpot
    単一細胞レベルで分泌されたサイトカインを検出
pagetop

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「特集:PBMC(末梢血単核細胞)」は、下記のカテゴリーに属しています。