商品情報

記事ID : 1412
研究用

機能性食品や素材の開発をサポートセルアッセイ 受託サービス

print このエントリーをはてなブックマークに追加

初代培養細胞の開発・製造を手がける当社の高い技術力とその知見・ノウハウを生かした細胞系評価試験は、貴社の機能性食品や素材の製品開発を強力にバックアップ致します。さらに、細胞系評価試験を中心に、遺伝子解析や腸管吸収の評価試験を通じてサポート致します。 特に、細胞ベースの評価試験では高品質の初代培養細胞を使用するため、より生体内に近い評価試験が可能です。肥満・糖尿病に対する評価試験を得意とする他、骨代謝、肝機能評価(下表)も行っています。

一方通行の評価試験ではなく、商品開発・プロモーションに有効な評価試験をご提案致します。

受託内容

初代培養細胞の開発・製造を手がける当社の高い技術力と知識で、貴社の細胞系試験をサポート致します。

試験項目 使用細胞 評価・測定
肥満・糖尿病
脂肪代謝
内臓脂肪分化抑制
内臓脂肪蓄積抑制
蓄積内臓脂肪放出促進
ラット初代内臓脂肪細胞 顕微鏡観察、ビデオ撮影、
オイルレッドО染色、
アディポサイトカインの測定
骨代謝
(骨吸収・骨形成)
破骨細胞形成阻害
石灰沈着促進作用
ラット初代破骨細胞
マウス初代骨髄細胞
TRAP染色、
ALP活性、
Ca沈着量測定
肝機能 アルブミン合成促進 ラット肝細胞 顕微鏡観察、
アルブミン濃度測定

※オプション項目
●遺伝子発現解析(マイクロアレイ、リアルタイム-PCR、次世代シーケンス)
●たんぱく質発現解析(ELISA、ウエスタンブロッティング、ルミネックスアッセイ)
●腸管吸収試験
●動画撮影

受託試験のプロセス

受託評価試験の内容をお客様と直接ご相談させて頂くことにより、質の高い評価系試験を行います。

試験系のご相談
products_PMC_20070619_arrow.gif 受託評価試験のご依頼
秘密保持契約書
試験系のご提案
試験概要書
お見積り
試験のご契約
products_PMC_20070619_arrow.gif 試験委受託契約書
試験計画書
試験実施
products_PMC_20070619_arrow.gif 試験結果速報
試験最終報告書の作成
products_PMC_20070619_arrow.gif 試験最終報告書の作成
試験最終報告書草案
打ち合わせ
試験最終報告書提出
Next Step試験のご提案
 

試験結果を踏まえ、お客様の製品開発に有効な研究の方向性をご提案させて頂きます。

Next Step試験のご提案

例)ラット初代内臓脂肪細胞を用いた生活習慣病予防効果試験
被験物質をラット内臓脂肪細胞に添加し,形態観察及びトリグリセリド測定により、被験物質の脂肪蓄積抑制効果を判定。さらにアディポネクチン産生量を測定し、生活習慣病予防効果を検討。

ラット初代内臓脂肪細胞を用いた生活習慣病予防効果試験

 

内臓脂肪細胞を用いた脂肪蓄積抑制効果試験(標準プロトコール)
コントロール・被験物質1種類 の場合
試験項目:形態観察による経時的変化、オイルレッドO染色による脂肪滴の染色
オプション:上清中アディポネクチン産生量、細胞中トリグリセリドの測定等
試験期間:1ヶ月程度
細胞イメージングサービス “Cell Movie”

機能性食品素材の効果をより視覚的に表現する方法として、細胞イメージング評価サービス“Cell Movie”を始めました。
“Cell Movie”は、機能性食品素材を目的細胞に直接作用させ、細胞の形態変化を通じて食品機能性を表現致します。生きた細胞が動き、形を変えていく様子は、数値的評価とは違った強いインパクトを消費者に与えます。“Cell Movie”はマーケティングツールとしても利用価値が非常に高いものです。

例:内臓脂肪細胞の蓄積脂肪放出試験

内臓脂肪細胞の蓄積脂肪放出試験

褐色脂肪細胞を用いたセルアッセイの例

生体内の脂肪細胞は大きく分けて2つに分類されます。その1つは白色脂肪細胞でもう一方は褐色脂肪細胞です。白色脂肪は余剰エネルギーの貯蔵・放出を主な役割とするのに対し、褐色脂肪細胞は脂肪のエネルギーをミトコンドリア膜上に存在するUCP-1というタンパクにより熱に変換して放出する特殊な機能を備えています。
褐色脂肪組織は新生児において活発で、成人になるにつれ退化し、その機能はわずかといわれてきましたが、最近の研究によって成人にも機能を持った褐色脂肪があることが見いだされました。褐色脂肪組織の機能を活性化することにより、効率的な肥満防止が期待されます。
in vitroにおいて、脂肪細胞の実験で最も多く使用されている株化細胞3T3-L1では、脂肪燃焼・熱産生に関する実験をすることは出来ません。
当社のラット初代褐色脂肪細胞は、肩甲骨間組織から採取・単離した細胞で、発熱に関わるUCP-1の恒常発現が認められ、またこの細胞にノルアドレナリン刺激すると、UCP-1の遺伝子発現の顕著な上昇が認められます。
このアッセイ系を用いて、食品成分等の添加によりUCP-1発現がさらに上昇させることができれば、運動と食事で効率よい生活習慣病予防効果及び健康な痩身効果が期待できると示唆されます。
また、in vivoにおいて抗肥満データが得られている場合などは、メカニズム解明ツールとしてご利用いただけます。

<使用細胞種::ラット褐色脂肪細胞(BAT10)>
細胞播種

予備培養4日間

分化誘導2日間

被験物質添加(1〜4日間)

ノルアドレナリン(NE)添加

リアルタイムPCRにより遺伝子発現解析(UCP1)

 

PMC_20130308_1.gif

褐色脂肪細胞+NE(1μM)によるUCP-1遺伝子発現

 

お見積り・ご注文方法

下記のリンクから見積のご依頼をお願い致します。

お問い合わせ先 : 製品情報部

ご質問・ご不明の点は製品情報部までお問い合せください。また、秘密保持契約のご希望につきましても、下記までご連絡をお願いいたします。

TEL
03-5632-9615
FAX
03-5632-9614
E-mail
jutaku_gr@cosmobio.co.jp

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「セルアッセイ 受託サービス」は、下記のカテゴリーに属しています。