記事ID : 1300
研究用

迅速かつハイスループットに糖鎖-タンパク質相互作用を解析シュガーチップを使ったSPR受託解析

print このエントリーをはてなブックマークに追加

背景

スディックスバイオテック社はが開発した糖鎖を固定化したチップ(シュガーチップ)を用いて、糖鎖-タンパク質相互作用の測定、解析を行います。(SPR(Surface

Plasmon Resonance:表面プラズモン共鳴)装置を使用するので、サンプルタンパク質を標識することなく、結合挙動をリアルタイムで観察することが出来ます。また、1回の測定で数十種類の糖鎖に対する挙動を網羅的に解析することも可能です。

特長

SPRイメージングを使用した網羅的解析
1枚のチップ上に数十種類の糖類を固定したアレイ型のシュガーチップを用いて測定を行います。そのため、一回の測定で多種類の糖鎖に対する網羅的解析を行うことが出来ます。(図1)

糖鎖-タンパク質相互作用の速度論的解析
サンプル(タンパク質)の濃度依存的に糖鎖との結合シグナルを検出し、ターゲットの糖鎖との結合解離定数の算出を行います。網羅的解析でのスクリーニングでポジティブな結果が得られた糖鎖について、相互作用の詳しい解析を行う場合に最適です(図2)。

SPRイメージングを使用した網羅的解析
図1.SPRイメージングでは、糖鎖とタンパク質の結合挙動をスポットの輝度で観察できます。また、各スポットの輝度を定量化し、グラフ化することもできます。
糖鎖-タンパク質相互作用の速度論的解析
図2.Glc α1-4Glcのシュガーチップに対するConAの結合挙動と速度論的解析の結果

糖鎖リスト

●グルコース関連
●N-アセチルグルコサミン関連
●ガラクトース関連
●N-アセチルガラクトサミン関連
●マンノース関連
●フコース関連
●キシロース関連
●シアル酸関連
●硫酸化オリゴ糖関連
●多糖(コンドロイチン、コンドロイチン硫酸、ヘパリン、ヒアルロナン、アミロース等)

解析可能なサンプル

●精製・粗精製のタンパク質
●細胞、菌体のライセート
●血清、培養上清など

※サンプル量の目安は、5〜10μMで500μLまたは500〜1000μg/mlで500μlご提供ください(100kDaを目安にしています)

お見積もり、ご注文方法

これらのサービスをご利用いただく際には、お見積もりが必要になります。ご希望の糖鎖をご連絡いただいた後、都度お見積もりになります。

  シュガーチップSPR測定 打合せ申し込みシート Excel

お問い合わせ先 : 営業部

ご質問・ご不明の点は営業部までお問い合せください。また、秘密保持契約のご希望につきましても、下記までご連絡をお願いいたします。

TEL
03-5632-9610
FAX
03-5632-9614
E-mail
SXB@cosmobio.co.jp

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「シュガーチップを使ったSPR受託解析」は、下記のカテゴリーに属しています。

商品情報

サポート情報

メーカー・代理店一覧

企業情報

関連サイト


© COSMO BIO