商品情報

記事ID : 14753
研究用

DNA、RNA、ヌクレオチドの脱リン酸化に有用Shrimp alkaline phosphatase(rSAP)

print このエントリーをはてなブックマークに追加

Shrimp alkaline phosphatase(rSAP)は、短時間の熱処理で不活化できる多用途なアルカリフォスファターゼです。

rSAPは、天然の酵素の性質を備えたまま、より高い安定性、一貫性、精製度を提供します。短時間で熱不活性化できるため、クローニングやシーケンスのワークフローを簡便にします。

特長

  • 非常に高い特異的活性
  • 65℃で完全に熱失活(図1
  • DNA、RNA、dNTPs およびタンパク質の5′リン酸基を除去
  • 制限酵素バッファーでワーク
  • DNAシーケンス解析、SNP解析前のPCR反応液中のdNTPs クリーンアップに有用

製品仕様

別名: rSAP
MW: 54 kDa
由来: Pandalus borealis(Northern red shrimp) origin,
recombinantly produced in Pichia pastoris.
UniProt ID: Q9BHT8_PANBO
濃度: 1U/μl for 1000 unit size
5U/μl for 5000 unit size 
形状: Liquid.
精製: Purified by SDS-PAGE. DNase, RNase or protease activities not detected.
特異的活性:

>2000 units/mg.

One unit of Shrimp alkaline phosphatase (recombinant) converts 1μmol p-nitrophenyl phosphate per minute to nitrophenol and phosphate at 37°C and pH 10.4 in 0.1 M glycine buffer, 1 mM each of ZnCl2 and MgCl2 and 6 mM 4-nitrophenyl phosphate.

製品データ


図1.65℃ および 75℃でのShrimp alkaline phosphatase(SAP)の失活

 


図2.Shrimp alkaline phosphatase(SAP)の室温での安定性

SAP使用のワークフロー

クローニングワークフロー

図3.Shrimp alkaline phosphatase(SAP)を用いたクローニングワークフロー

 

シーケンスワークフロー


図4.Shrimp alkaline phosphatase(SAP)を用いたシーケンスワークフロー

Shrimp alkaline phosphatase(rSAP)

品名 メーカー 品番 包装 希望販売価格

Shrimp alkaline phosphatase詳細データ

ENZ

ENZ-PRT161-5000

5000 UNIT
¥95,000

Shrimp alkaline phosphatase詳細データ

ENZ

ENZ-PRT161-1000

1000 UNIT
¥23,000

商品は「研究用試薬」です。人や動物の医療用・臨床診断用・食品用としては使用しないように、十分ご注意ください。

お問い合わせ

「Shrimp alkaline phosphatase(rSAP)」は、下記のカテゴリーに属しています。